口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

おすすめポイント品質管理に自信ありな、医療用ウィッグのプロフェッショナル

いよいよこのランキングも後半となる4位です。今回のランキングにおいては誰もが知っている大手のみならず、あまり知られていない中小メーカーの商品もリサーチおよび比較の対象とさせていただきましたが、その結果としてわかったことは、優良の中小メーカーと大手メーカーにおいては、それほど品質に差がないということ。

すなわち、医療用ウィッグの品質において、企画販売を行っている企業の規模というのはあまり関係がないということです。これは言うなれば、たとえ知名度の高い大手メーカーであったとしても、「品質がすばらしいに違いない」と決めつけるのは少々危ないということ。だから、企業の名前で過信せず、しっかりと比較を行った上で決めるようにしましょう。

4位にランクインしたのは、「ワンステップ」という医療用ヴィッグです。このワンステップの販売を行っているのは、株式会社グローウイングという会社。医療用ヴィッグの会社というのは東京に本社を構えていることが多いのですが、この会社のオフィスがあるのは大阪市北区。資本金は1000万の中小メーカーと思われます。

このグローウィングという会社、設立したのが2008年と比較的新しめなこともあり、大手メーカーと比較するとブランド的な価値では劣っているものの、その評判はなかなかよいようです。それはいったいなぜなのかと調べてみたところ、どうやら品質にかなり気を遣っていることが商品の評判をよくしているようですね。

たとえば品質の管理を保持するために行っていることの一環として、世界的に使用されている国際規格「ISO9001」を遵守し、直営店にはそれに基づいた管理を行うよう徹底していることが挙げられます。よって、ワンステップはどの地方であっても、一定水準の品質のものを購入することができるのです。

人毛100%を謳っており、こだわりたい方にとってはうれしい配慮

ワンステップを販売しているグローウイングのモットーについて調べてみると、「ワンステップのウィッグで今までと変わらない毎日を」というものだということがわかりました。ガンをはじめとして、突然の大病によって失うものは健康や時間だけではありません。女性にとって美しさを表現するための大事な頭髪をも奪ってしまうのですよね。大事な髪を奪われてしまえば、多くの女性にとっては大変なショックです。その衝撃のあまり、いつも通りの生活を送るということは困難になるでしょう。

そうして絶望の淵に立たされた女性たちを救ってくれるのが、医療用ヴィッグです。まるで自分のものであるかのように扱うことのできる医療用ヴィッグを手に入れることができれば、気持ちは再び前向きになり、いつも通りの生活が送れるようになるでしょう。まさに、的を射たモットーだと思います。(個人的には「以前よりもさらに上向きな生活」を目指したいところではあるのですが)

そんなに大事な存在である医療用ヴィッグだからこそ、品質にはこだわりたいという方がたくさんいるのもうなずけますね。とくにヴィッグの材質に関してはかなりのこだわりを持っておられる方が多く、「なるべく本物の髪でヴィッグを作ってほしい」というリクエストもたくさん寄せられるそうです。

そんな悩める女性たちの声に応えるため、ワンステップは品質に関してしっかりと「こだわり」を見せてくれています。ワンステップの医療用ヴィッグには、使用されている材質がすべて本物の人毛となっているものがあるのです。人工毛に関しては使われていないので、「ニセモノの髪」というネガティブなイメージで悩んだり、違和感や不快感を覚えたりといったトラブルの心配がありません。ヴィッグに対してこだわりを持っている方であればあるほど、あたかも自分の髪であるかのように扱うことができるでしょう。

オーガニックコットンの採用により「チクチク」「ザワザワ」を軽減

医療用ヴィッグというのは、ただ装着すればよいというものではありません。そう言える最大の理由は、「肌に直に触れ、長時間装着し続ける」グッズであるということ。長く肌に触れるものであるからこそ、その品質には最大限の注意が払われなければならないと思います。さもなければ、頭皮にかぶれが発生したり、かゆみによるイライラな気分が起こったりなど、ネガティブなトラブルの温床となり得るでしょう。

そういったことを防ぐために、ワンステップの医療用ヴィッグラインナップのひとつである「ヴィットン」はその素材にこだわっているようです。地肌が直接触れる部分のベース生地には、「生地品質検査」を通過している「オーガニックコットン」を使用。化学肥料をいっさい使用せず、有機栽培で育てられたオーガニックなコットンを使用しているので、その品質に関しては折り紙つき。汗などによる色あせ色移りが起こりづらく、アレルギー皮膚炎の原因とされている「遊離ホルムアルデヒド」の抽出量に関しても、きわめて低い数値を記録。これによって、ヴィッグの使用によるかぶれやかゆみを発生しづらくしてくれるのです。

こうした品質性の高さが認められ、このワンステップの医療用ヴィッグは「第6回ユニヴァーサルデザイン会議IAUDアワード2016」の「医療福祉部門」にて銀賞、「ソーシャルプロダクツアワード2016」において「ソーシャルプロダクツ特別賞」を受賞しています。

特徴が異なる3つのプランの中から選べるようになっている

多種多様なユーザーの要望に応えるため、ワンステップの医療用ウィッグにはそれぞれ特徴が異なる3つのプランが用意されています。

まずひとつめが「ヴィットン」。これは先ほども解説した通り、地肌が触れる部分に国産の天然成分で育てられた高級オーガニックコットンが使用されているもので、かぶれやかゆみが心配な方におすすめです。

もうひとつが「フィールライン」と呼ばれるもの。これは「自然な生え際の再現」に重点が置かれたヴィッグであり、もみあげやうなじまでもが本物そっくりだと評判になっています。もちろんある程度自由な調整も可能となっているので、利用者の使用頻度や環境に合わせて使用することができます。

最後に紹介するのが「セントベーネ」です。これは本来ヴィッグの天敵とまで言われていた風に対して徹底的な対策を施したものであり、強い風に吹かれたとしても、まるで本物の髪のような自然な流れが期待できます。風が吹いてもネット等が見えないよう工夫がなされているので、オフィス街での使用も問題ありません。

値段に関してはやや高い部類に入り、コストパフォーマンス的には?

このように、品質に関しては大手メーカーに負けないほど力が入れられているワンステップでありますが、個人的には価格面についてももう少し頑張っていただきたかったというのが本音です。

公式HPによれば、その価格帯は大まかに16~20万円ほど。頭皮の一部だけをカバーするコンパクトヴィッグであっても、実に10万円近くもの金額が必要となります。ただでさえ、入院中の経費等の支払手続きが大変であるにも関わらず、こうした決して安くない出費を求められてしまうのは、小さくない負担となってしまいそうです。この価格帯だと、なかなか購入しづらいという方も多いのではないでしょうか。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧