口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグとはどういうもの?


ウィッグというとオシャレで使われるものがよく知られていますが、中には医療用を目的とした特別なウィッグも存在します。

ここでは医療用ウィッグがどんなものなのかという基本的な知識について分かりやすく紹介します。

そもそも医療用ウィッグとは何なのか

医療用ウィッグとは、病気などによって髪が抜けてしまった際に使うことを目的としたウィッグのことを指します。ファッション用ウィッグはオシャレを目的として使用されるものだと言えますが、医療用の場合は、髪が抜けてしまったことを隠すことが主な目的になるという違いがあると言えるでしょう。

そのため見た目がとても自然になるような素材や造りになっている場合が多く、クオリティーが高いため、値段も高額になる傾向があるというのが特徴です。そして医療用の場合は、病気やケガの際に使用されるものなので、通気性を良かったり、肌に触れる部分が柔らかくなっているなど、装着感にもこだわって作られていることも重要な特徴だと言えます。

素材やオーダー方法の違いによる種類がある

医療用のものには、素材やオーダー方法によってさまざまな種類があるため、選ぶ際は事前にそれらの種類を知っておくことが重要です。まず素材に関しては、人毛と人工毛、そしてミックス毛という3つのタイプがあります。

▽人毛とは
「人毛」は本物の人の毛を使ったものであり、見た目がとても自然になるため、医療用で最もよく選ばれている素材だと言えるでしょう。ただし人毛は、人の髪と同様に洗うとヘアスタイルがリセットされてしまうため、洗う度にセットを整える手間がかかってしまいます。そして見た目の自然さにこだわっている分、価格も高額になる傾向があると言えるでしょう。

▽人工毛とは
そして「人工毛」は化学繊維を素材として使ったものであり、見た目の自然さは人毛に劣る場合がありますが、価格が比較的安く済むというメリットがあります。それに人工毛は、形状記憶の機能が備わっているため、洗ってもスタイルが元に戻りやすいということも大きなメリットだと言えるでしょう。

▽ミックス毛とは
さらに「ミックス毛」は、人毛と人工毛を混ぜたものであり、両方の特徴が合わさった性質があると言えます。ですので、見た目も人工毛より自然で、スタイルも維持しやすいといったことが特徴になるでしょう。また価格についても、人毛と人工毛の間ぐらいになるため、価格を抑えつつより見た目が自然なものがいいという場合に向いていると言えます。

次にオーダー方法に関してですが、既製品とセミオーダー、フルオーダーの3つのタイプがあります。「既製品」は価格が安くすぐに入手出来るのがメリットですが、毛の長さや量などの細かな調整が出来ないのがデメリットだと言えるでしょう。「セミオーダー」は、概ね出来上がったウィッグから好みのものを選んで、好きな長さや形にカットしてもらえるというオーダー方法になります。そして「フルオーダー」は、毛質や量、スタイルなどを1からオーダーすることが可能なので、よりこだわりを持ったウィッグを作ることが出来る方法だと言えるでしょう。

ウィッグを選ぶタイミングも重要

医療用として使うウィッグは、必要な時に無いと困るものなので、選ぶタイミングも重要になってきます。がん治療で抗がん剤を使うと、脱毛することが多いということがよく知られていますが、その際は抗がん剤治療が決まった時点で準備に取り掛かることが重要でしょう。特にフルオーダーのものを選ぶ場合は、注文から出来上がりまでに1ヵ月以上かかることもあるため、早めの注文が必要になります。

医療用ウィッグとは、病気などで髪が抜けてしまった際に使うウィッグのことを指します。種類としては、人毛と人工毛、ミックス毛という素材の違いによる種類などがあります。選ぶタイミングに関しては、抗がん剤治療が決定した時点で準備に取り掛かることが重要です。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧