口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグは助成金を受けることが出来る?

抗がん剤での治療をされている方や円形脱毛症等でお悩みの方で、医療用ウィッグを検討されている方は多いと思います。最近では、医療用といっても、人毛や耐熱人工毛などを混ぜて立体感を出したり、自然なカラーでおしゃれに仕上げた素敵なウィッグが多く、選ぶのも楽しくなってしまうほどです。これらを身に着けることは、見た目の満足感はもちろん、闘病中の沈んだ気持ちを明るくしてくれるという大きな効果もあるでしょう。

費用負担を、少しでも軽くするためにできること

医療費の一部が、医療費控除として税金の一部が還付されるケースもありますが、医療用ウィッグの場合は、それに該当するケースはごく限られたものになります。そんな状況に対する救済措置として、医療用ウィッグを購入した際、その費用の一部を負担してくれる、自治体の助成システムがあります。

自治体の助成システムとはどのようなものか

2014年6月、山形県の市川市が、全国に先駆けて医療用ウィッグの購入費用の一部を補助する制度を開始し、それを皮切りに、佐賀県伊万里市、岩手県北上市なども助成金制度をスタートさせました。病気で髪の毛を失くされた方にとっては素晴らしい制度のスタートだったといえるでしょう。このシステムは、現在、一部の自治体のみで行われています。

金額は各自治体で異なりますが、およそ1万円から3万円の助成となっているようです。申請の際には、複数の書類の提出が必要になります。まずは、購入費の助成に関する申請書とウィッグ購入の際の領収書のコピー、そして、がん治療受診証明書を主治医からもらって提出する必要があります。

また、助成には自治体ごとの一定の条件があり、その自治体に患者自身の住所があることや、がんの治療歴があることなどが基本的な条件になります。それ以外にも、税金や介護保険料等の滞納がないことや初めての申請であることを条件にしている自治体もあります。申請の際には、必ず、各自治体のホームページ等を確認の上、疑問点などは直接問い合わせてみることをおすすめします。

助成金制度の現状と問題点について

現在では、ウィッグの助成事業は徐々にですが、広がりをみせている状況です。中でも、秋田県や島根県など、県レベルでの助成金制度を開始している地域もあります。秋田県では、県としての1万5000円の助成の他に、県内の15の市町村からも最大3万円のサポートを受けることができるそうです。ダブルで受け取れるということは大きな負担削減になり、患者さんにはとても心強いシステムであると思います。

その一方で、何の補助もない自治体もあるというのは、全体から見てかなり不公平感を感じざるを得ません。不思議なのは、都会よりも地方の方がサポート制度が充実していることです。逆に言えば、都会ほどサポート制度が整っていないので、早急に今後に向けた改善策が必要であると思います。

また、ほとんどの場合、助成の対象は抗がん剤の使用による副作用の場合のみに限られており、「がん患者補正具購入費補助金」や「医療費補正具購入費助成事業」などの名称からもわかるように、乳がん患者の乳房補正具とセットになっていることが多いようです。

今後も、制度の整備や改善により、患者さんの心の支えにもなる医療用ウィッグが、少しでも多くの方に少ない負担で提供できるようにしてほしいものです。もしも、お住まいの市域に支援制度がなかった場合は、制度を作るような働きかけを積極的にしていくことも大切なことだと思います。美容団体や関連企業、患者組織などに働きかけていくことも手段の1つといえるでしょう。

最近の医療用ウィッグは自然でおしゃれなものが多く、治療で髪を失った患者さんの心のサポートとして役立っています。費用については自治体により助成制度がある地域もありますが、対象が抗がん剤の使用者に限られていることや、まだ制度が開始されていない地域が多いことなどの問題点があります。今後の助成制度の整備に向けて、様々な関連団体に働き掛けることも大切なことでしょう。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧