口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグの静電気対策をしっかりしよう

公開日:2018/12/15  最終更新日:2018/12/06

医療用ウィッグは、特に女性にとっては助けになる存在です。

しかし、気を付けておきたいのが静電気です。

放置してしまうと医療用ウィッグの寿命を縮めてしまうことになりかねません。

対策方法をしっかりと行って、手入れをしておきましょう。

 

静電気はなぜ発生するのか把握しておこう

静電気は物と物がこすり合って発生する摩擦帯電と呼ばれるものが原因で発生します。

洋服や髪の毛・手袋などには人が常に何かに触れているアイテムは帯電しやすい環境が整っています。

医療用ウィッグも、髪の毛が抜けた場合人が普段付けて日々の生活を過ごすアイテムです。

よって、知らず知らずのうちに医療用ウィッグには電気が溜まっていく環境となっているわけです。

ウィッグには人毛を使用したもののほかにも人工毛などといった素材も種類が比較的多くありますが、どのタイプにしても髪の毛が束になっているものであるため、電気をためやすい構造であることがいえます。

静電気が発生し放電してからも、人はまた摩擦を繰り返すためにすぐに帯電してしまうことを繰り返します。

仮に静電気が発生してしまうとウィッグがどうなるのかというと、毛の絡み・毛の縮みや傷みが進んだ結果医療用ウィッグの寿命を減らしてしまうことになります。

最悪の場合には、使用が不可能になってしまう可能性もあるため防ぐための対策を講じなければなりません。

 

ウィッグの静電気対策にはブラッシングが有効です

静電気対策ですが、まず完全にこれをゼロにすることはなかなか難しいです。

乾燥した空気中では電気が流れにくくなっていることや帯電しやすい素材の衣服を身につけていることが原因となります。

ただ、できるだけ発生させないようにしてバチッとした感覚をなくすことは可能です。

それは、ウィッグをブラッシングして手入れすることです。

毛先の絡みを取ってから徐々にベース部分に向かって髪を梳かすようにすると、放電を発生させない対策になるでしょう。

ポイントとして、毛先から梳かすこと、抜け毛の原因になりやすいため手入れをするときにあまり力を入れ過ぎないようにすることは重要です。

絡みがひどい場合には、蒸しタオルなどをあてながら少しずつブラシで梳かしていく方法も有効でしょう。

ブラシそのものにも気を遣っておくとよいです。

静電気防止金ブラシがもしもあれば、ブラシが帯電しにくいような構造のためスムーズに手入れを行うことができます。

 

ウィッグを使い分けることやじっくりとケアすることでも防げます

定番アイテムは、ウィッグ用のスプレーを吹きかけておくことです。

市販のもので充分ですので、購入しておきましょう。

ウィッグ用スプレーのイメージには、お手入れ専用のスプレーだと思われている方もいるのですが、それだけではなく静電気の予防にも使うことができます。

もしもウィッグ専用のスプレーがなければ制汗スプレーでも代用することは可能です。

ベビーローションも効果は少々落ちてしまいますが帯電しにくくなります。

こちらはツヤ抑え目的でも活用することが可能です。

ただ、これらの方法は応急処置的な方法ですのでできれば日ごろからケアをすることを心がけておきます。

効果的な対策としては、同じウィッグを毎日使い続けず、休ませながら交互に使うことも有効でしょう。

また時間があるときにやっておいたほうが良いこととしては、ウィッグをぬるま湯で薄めた柔軟剤に1時間以上浸けておく方法があります。

そうして、浸けたあとタオルドライをして、その後で自然乾燥もしくはドライヤーの冷風で乾かしておくと静電気が起こりにくくなるためおすすめです。

 

おすすめ医療用ウィッグ一覧

12345
ルシアアデランススヴェンソンワンステップアクアドール
高品質と最安値を実現した、個人的なオススメ商品ウィッグメーカー最大手であり、信頼性バツグンこちらも大企業!35年の伝統あるブランド性品質管理に自信ありな、医療用ウィッグのプロフェッショナル新興の企業ながらも、利用のしやすさが強い存在感
もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
ルシアの画像
第2位 アデランス
アデランスの画像
スヴェンソンの画像
ワンステップの画像
アクアドールの画像
記事一覧