口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

スポーツをしてもずれない医療用ウィッグを選ぼう

スポーツをしている方も、医療用ウィッグを使用することで今よりさらに快適な毎日を送れることをご存知ですか?

汗で取れてしまうのではないか、不自然にずれたりするのではないかなど様々な思いはあると思いますが、そんな悩みを解決して毎日を楽しんでいきましょう。

スポーツで使える医療用ウィッグとは

医療用ウィッグをつけていてもスポーツができる理由としては、医療用ウィッグは一人一人の頭の形にフィットするよう作りこまれており、マラソンやジョギングなどでたとえば急に振り向くなどの動作をしても、髪の毛も自毛と同じように動く工夫がなされているからです。

汗に関しては汗ふき取りシートを使用するなどして対策を行うとさらにウィッグの強度を増すこともできます。かつら用接着剤も場面によっては利用してみてもいいかもしれませんね。

医療用ウィッグの相場や作成にかかる時間

次にウィッグの作成にかかる時間や相場についてお話します。そもそもウィッグを使用する上で必ずしも購入が前提ではなく、そこまで頻繁に使用しない方であれば、レンタルという手もあります。日額にして大体200円から300円ほどの金額で利用することが出来るところが多いですが、もしそのまま年単位での利用となると購入より高くついてしまうことも想定されます。利用額と別に初期費用というものを入れると10万円前後かかる可能性があるからです。

購入であれば数万からブランドや高いもので数十万になりますが、オーダーメイドが出来たり、満足度は高いでしょう。好みにもよりますが、細かくオーダーメイドをする場合であれば、出来上がって実際に装着するまでに1か月ほどを目安としておくとよいでしょう。

医療用ウィッグの使用上の注意点

それぞれどちらが良いのかという部分でお話をさせていただくとしたら、レンタルは既製品が多いので、オーダーメイドなどに比べると満足度は下がるかもしれません。また、途中でスポーツを辞めたから解約したいといったときに、初期費用の返金がないメーカーもあったり、あまりに返却時の状態が劣化していたら弁償を求められたりすることもあります。長く使わないのであればレンタルも費用面などでお得ではありますが、長く利用する場合は、既製品ではなく自分に合った使いやすいものを購入するほうがよいでしょう。

もちろん手入れも必要ではありますが、しっかりとした知識を身につけて手入れをすれば愛着もわきますし、修理などのサポートもあるので長く利用できます。ただし、プールや海などの塩水につかる場所などはあまり向かないので注意しましょう。

最後になりますが、今の生活で一歩踏み出せない方はまずは相談するところから始めてみてはいかかでしょうか。自分にあったウィッグを利用することで、スポーツなど、億劫になっていたことに取り組めるのは素晴らしいことだと思います。今の技術は進化しているので自然に不安なく身に着けることが出来ますし、それによって自分らしさを取り戻して生き生きと過ごしている方もたくさんいらっしゃいます。

医療用ウィッグはアフターフォローも充実していますし、カットやアレンジを加えたり、思い切って髪色を変えたりすることで、本当の自毛と変わらずに楽しむことだってできます。医療用なので皮膚への負担も少ないですし、メンテナンスは1週間から10日に1回洗ってあげたり、くしを通して専用の水で流したりしてケアすることができます。自分でも簡単に行うことができるものなでとっても安心です。ウィッグ専用のトリートメントなども市販されているので、ケア次第では美しいキューティクルも保てます。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧