口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグで温泉は入れる?

医療用ウィッグの着用ではお風呂や温泉に入っても問題はないのだろうかと疑問をお持ちの方も多いことでしょう。

また、医療用ウィッグの特徴としてワンタッチで取り外しできることも大きな特徴です。

それだけに簡単に取れるのではないかという不安もあります。

そこで、医療用ウィッグをつけたままでも温泉に入れるのかという疑問について、お手入れを含めて紹介します。

医療ウィッグをつけたままでも温泉に入れます

医療用ウィッグで使われている素材は人間の毛髪のように水分を吸収する特性があります。

そのため、温泉だけでなくシャワーや海水浴などでつけていても問題はありません

ただし、水で濡れてしまった場合はきちんと水分をとるなどしてお手入れをする必要があります。

特に、お湯の成分によっては劣化を早めることにもなるので要注意です。

もし、水で濡れたままにしておくとウィッグの形が崩れるばかりでなく、湿気がもとになり、雑菌が繁殖することもあります。

水をはじく特徴もあるため、多少の水分がついても大丈夫ですが、温泉に入るとなると、しっかり水に浸かることにもなるので、その後はしっかり水分を拭き取るようにすることが大事です。

医療用ウィッグを乾いたタオルで挟み、やさしく叩くようにします。

それでも水分が残る感じがあれば、ドライヤーを使っても問題はありません。

その際は冷風でドライヤーをあてることがポイントです。

素材によっては傷む恐れもあります。

医療用ウィッグは、ある程度の熱には耐えられる素材を使用していますが、耐熱性に差があるため、どのような素材のものかを確認してからドライヤーを使うようにします。

素材ごとで異なる医療用ウィッグのお手入れ

医療用ウィッグは人の毛髪を利用した人毛ウィッグや化学繊維を使った人工毛ウィッグ、さらには人の毛と人工毛の両方の特性を活かしたミックスタイプに分かれます。

人毛の医療用ウィッグでは、お湯の成分によっては傷むことがあります。

40度前後のお湯であれば問題はありませんが、少し高温のお湯であればウィッグを濡らさないようにします。

シャンプーも石油系のシャンプーは避け、中性のものを使うと良いでしょう。

人工毛のタイプはお手入れが楽なことがメリットです。

耐熱性もありますが、素材によって耐えられる温度に幅がありますので、確認してから入るようにすることが大事です。

また、酸性やアルカリ性が強いお湯では変色などの劣化のもとになるので、湯上がりの時にしっかり拭き取ってあげるようにします。

ミックスウィッグは人毛のウィッグよりもお手入れが楽で、人工毛よりも自然に着用できるメリットがあります。

温泉の成分を確認すること、そして医療ウィッグの素材それぞれでお手入れも違ってくるので、その点も確認してから入ると問題はありません。

塩分の強い温泉に入る時は要注意

海水浴をする場合も心配はありませんが、波の力でウィッグでズレてしまうことがあるので地毛とウィッグをあらかじめ留めておくと良いでしょう。

特に、海水浴で注意したいのが塩分により傷みやすくなることです。

温泉でも海水と同じくらいの塩分濃度があるところもあります。

そこで、ウィッグについた塩分を水やさら湯で洗い落とし、乾いたタオルで拭き取ってあげるようにします。

医療用ウィッグに使われる素材は進化していますが、やはり熱に強いもの、成分によっては傷みやすくなることがあります。

シャンプーも使えますが、刺激の強いものは避けることが大切です。

地毛の時も温泉の成分によってはダメージが出ることがあるように、医療ウィッグでも同じことが出ることがあるのです。

あまり神経質になることはありませんが、温泉に入った後はお手入れを念入りに行うと良いでしょう。

同じ水分でも様々な鉱物などが溶け込んでいる分、ダメージにつながることもあります。

医療ウィッグを自然な着け心地で長持ちするために、アフターケアを念入りに行うことが大切です。

 




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧