口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグを自分でカットする際の注意点とは

医療用ウィッグを少しだけカットしたかったり、毛先を少し軽くしたいと思うことがあります。

ウィッグは自分で微調整することができ、世界に一つしかないオリジナルのウィッグを完成することができるでしょう。

美容室を利用することもなく少しだけ髪の毛を切りたい時、いくつか注意点を守ると上手に仕上げることができます。

 

くしや鏡・ハサミなどを準備する

自分でウィッグをカットする場合、いくつか用意するものがあります。

くしや鏡、髪用ハサミなどを準備しますが、ハサミは長さを短くしたいなら普通のハサミで良いですが、毛量自体を減らしたいならすきバサミがおすすめです。

クリップタイプのピンがあると便利で、切らない部分をきれいに留めることができます。

新聞紙を用意しておき、床に髪がわりと散らばるのであらかじめ床に敷いておくと掃除が簡単です。

前髪を切る場合、散髪用のケープを準備していると便利で、なければビニール袋などで服をガードすると良いでしょう。

前髪以外を切るなら、ウィッグ台を準備し表面の摩擦によってウィッグがずれにくくなり吸盤レバーでしっかり固定することが可能です。

用意ができたら実際髪の毛を切っていきます。

まずカットする場所に新聞を敷きましょう。

前髪を切る場合ケープを着たりビニール袋に穴を開けてから頭にかぶります。

前髪を切る際はウィッグをつけながら行いますが、前髪以外ならウィッグ台に乗せると便利です。

くしで髪の毛をとかし、切る部分のみ薄く下ろします。

それ以外はピンで留めておき、前髪を切る場合鏡でチェックしながら切っていきましょう。

 

ハサミの使い方や切り過ぎには注意が必要

前髪を切る場合自分でウィッグを装着してから行いますが、セルフカットになるとどうしても下を向きがちになるので注意が必要です。

下を向いて切ると失敗しやすく、バランスが大切になるので頭を上げて前を向いてから切っていきましょう。

髪の毛を切る時、ハサミを縦や斜めに入れていきます。

横にハサミを入れると見た目があまりよくありません。

少しずつ切っていくのが良く、髪の毛を切りおろしてクシでとかして長さを確認するというプロセスを繰り返すきれいに仕上げることが可能です。

このプロセスを行うと切り過ぎる心配がありません。

すきバサミを使う際は髪の毛を切る毎に、開いてから移動します。

すきバサミを閉じると髪の毛を傷めることがあるので注意が必要です。

切る部分の髪の毛を人差し指と中指などを使って軽く持ち上げてから切るときれいに切れます。

尚、前髪の場合上に持ち上げ過ぎると髪の毛を切り過ぎる原因になるので気をつけましょう。

必ず前髪は正面を向いてから切り、ハサミは縦や斜めに入れていきます。

 

長さやバランスを確認しながら作業する

毛量の減らすと髪の毛が短くなったように見えるので、長さやバランスなどを見ながらカットしていきましょう。

ウィッグを微調整する際、美容室に依頼することもできますが、自分でアレンジすることも可能です。

少しアレンジするだけでウィッグの印象を変えることができ、自分に似合うように修正することができます。

手を加えることによって医療用ウィッグに愛着を感じることができるので、最初は少しずつ切っていくと良いでしょう。

自分でうまくできないと感じたなら、ウィッグを販売している店舗や美容院・サロンなどでカットを依頼することが可能です。

基本的に人の髪の毛を切るのと同じ要領で行うと良く、ウィッグを濡らす必要がないので切りやすく掃除するにも便利です。

 

自分で医療用ウィッグをカットすることができ、毛先を少し軽くしたり自分で微調整することができます。

オリジナルのウィッグを作成することができるので、愛着を感じることができるでしょう。

いくつかポイントがあり、まずくしや鏡・ハサミなどを準備します。

ハサミの使い方や切り過ぎに注意しながら、必要な長さやバランスなどを確認しながら作業するときれいに仕上げることが可能です。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧