口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグは素材によって何が違う?

病気の治療やケガなどで薄毛になってしまった場合は医療用ウィッグを使用することになりますが、実は素材の違いによって、種類がいくつかあります。

それぞれの種類による違いを知っておくことで、より自分に合ったものを選べるようになります。

より自然に見せることが出来る人毛タイプ

人毛タイプは、人間の本物の髪の毛で作られたものであり、医療用ウィッグにおいて主流のタイプになると言えます。このタイプは本物の髪の毛で作られているため、見た目や手触りがとても自然になるというメリットがあると言えるでしょう。医療用のものは、薄毛が他人にバレないようにすることが一番の目的になるため、より自然に見える人毛タイプは、最も目的に適ったタイプだと言えます。ただし本物の髪の毛という天然素材を使用していたり、造りが精巧に出来ていることもあるため、値段は高くなる傾向にあります。

そして人毛タイプで注意しておきたいのは、本物の髪の毛が使用されているため、スタイルが乱れやすくなるということです。特に髪を洗った際に形を崩しやすくなるため、その後のセットに手間がかかってしまうということが言えるでしょう。人毛タイプのメンテナンス方法に関しては、毎日使用する場合は1週間~10日ごとというのを目安にして洗う必要があります。洗髪を行う際は、本物の髪の毛を洗う際に使うシャンプーを用いますが、シャンプーに関してはキューティクルにダメージを与えないために、中性のアミノ酸系シャンプーなどを選ぶとよいでしょう。

値段が安く手間がかからない人工毛タイプ

人工毛タイプは、ポリエステルなどの化学繊維によって作られたものであり、人毛タイプとは違う特徴があります。このタイプは、本物の髪の毛が使われてい人毛タイプと比べると不自然に見えてしまう場合があると言えますが、最近ではより自然に見えるよう改良されたものも多いと言えるでしょう。そして人毛タイプと比べると価格が安いということが大きなメリットであり、高価な人毛タイプには手が届かないという場合に便利です。

さらに人工毛タイプには、形状記憶の性質があるため、スタイリングが楽に出来て手間がかからないというメリットがあります。ただし化学繊維で作られているため、静電気が発生しやすかったり、カラーリングが出来ないという欠点もあると言えるでしょう。ですが静電気に関しては、専用のスプレーを用いることにより抑えることも出来るため、気になる場合はそうしたアイテムを利用するとよいと言えます。

人工毛タイプのメンテナンス方法に関しては、基本的には人毛タイプの場合と同じで、定期的にシャンプーを行う必要があります。ただしそのシャンプーは、普通のものではなく人工毛専用のシャンプーを使った方が安心だと言えるでしょう。

人毛と人工毛の特徴を併せ持つミックス毛タイプ

ミックス毛タイプは、文字通り人毛と人工毛をミックスしたものであり、それぞれの特徴を併せ持ったタイプになります。ですので、人工毛より見た目が自然で、なおかつ人毛よりもスタイリングがしやすいといった特徴になると言えるでしょう。値段については、人毛タイプと人工毛タイプの中間ぐらいになるため、人毛タイプより安く抑えたいが、人工毛タイプより見た目が自然なものがいいといった場合に向いていると言えます。

メンテナンス方法に関しては、人毛と人工毛の割合によっても多少変わってくるため、メーカーの説明書に従って行うことが重要です。しかし一般的には、人毛タイプや人工毛タイプのメンテナンスと基本的には同じであり、シャンプーについては、専用シャンプーを使うのがおすすめです。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧