口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグの準備はいつから始めればいい?

病気の治療の副作用として髪の毛が抜けてしまうときがあります。

女性だとショックに感じる人もいるでしょうが、ショックを和らげるアイテムとして医療用ウィッグがあるので利用を検討しましょう。

いつから準備するのかを考えておく必要があります。

 

治療を開始するのが分かったときに始める

体に病気があることが分かればそれに対する治療を行うでしょう。

薬などの治療を行うときに出る可能性があるのが副作用です。

市販薬などでも軽い副作用が出るとされ、事前に認識しておいた方がいいでしょう。

薬の中には強いものもあり副作用も強く出るものもあります。

事前にどんな副作用が出るかが分かっていれば、治療後の状況も把握できるでしょう。

投薬治療の中には髪の毛が抜けるものがあります。

病気の原因となる細胞がどんどん増えないようにするために行いますが、その作用が髪の毛の成長にも影響するためでしょう。

治療を開始してしばらくすると徐々に抜けていき、治療を継続していけば完全になくなるときもあります。

抜けていくときショックが大きくなる人もいるようです。

心の面でいい方向に持って行けるのが医療用ウィッグになるでしょう。

髪の毛が抜けるのは辛いですが見た目が気にならなくなります。

準備はいつから行うかですが、治療を開始するのが分かったときがいいでしょう。

つまりはまだ髪の毛があるときから始めます。

髪の毛があるときとないときではサイズが違うので、それを考慮して作らないといけません。

 

治療を開始して髪の毛がなくなったときから

病気の治療をするときに、医師から髪の毛が抜けることを伝えられるときがあります。

男性よりも女性がショックを受けるときがあり、いろいろな方法で髪の毛が気にならないようにする工夫をします。

簡単なのは帽子でしょう。

一般的に売られている帽子の他、専用の帽子もあります。

あまりお金をかけたくないなら帽子で済ませる人もいるようです。

いざ治療が始まって髪の毛が抜けてくると、気になるときは帽子などで隠したりします。

ただ帽子を取れば髪の毛がない状態が見え、気分が萎えてくるかもしれません。

そこで医療用ウィッグの利用を家族などが進めると良いかも知れません。

準備はいつからかですが特に決まりはなく、治療ですでに髪の毛がない状態でも行えます。

髪の毛がない状態で行うメリットとして、サイズぴったりに作ることができる点があるでしょう。

髪の毛があるときから作るとどうしてもサイズ差が出てしまいます。

髪がなくなるのを想定して少しきつめに作りますが、完全にぴったりとなりません。

すでに抜けているならその状態でぴったりになるように作れ、きつくも緩くもない状態にできるでしょう。

 

購入方法によって異なることを知っておく

髪の毛をアレンジしたいときには、かつらやウィッグなどのアイテムを使うことがあるでしょう。

男性の薄毛を隠すものもあれば、女性がファッション目的に使うものなどもあります。

それ以外にあるのが医療用ウィッグで、主に病気によって髪の毛が抜けた人のために用意されています。

メーカーに依頼をすれば病院にサイズを測りに来てくれたりします。

購入しようとするときに準備はいつから行ったらいいのかがあります。

まず購入方法を決める必要があるでしょう。

フルオーダーとセミオーダー、そして既製品の利用があります。

既製品なら合いそうなものを選んで購入すればいいので、利用したいと感じたときに始めても問題ありません。

メーカーがすぐにいくつか持ってきてくれるでしょう。

フルオーダーは一から作る方法なのでフィット感などはかなり高くなります。

しかし完成までに時間がかかるので、製作期間を考慮して依頼をしなければいけません。

セミオーダーも調整をする必要があるので依頼から1週間程度はかかるでしょう。

メーカーによっても異なるので、早めに準備しておくと安心できます。

 

髪の毛がない状態を見るのが嫌なら、投薬治療を開始するのが分かった時点でメーカーに依頼をしましょう。

購入方法によっても異なり、既製品ならすぐに買えますがフルオーダーだと数か月かかるときもあるので注意が必要です。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧