口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグとバレないようにするポイントとは?

病気の治療の影響で髪の毛がなくなったり薄くなるときがあります。

医療用のウィッグによって髪の毛の悩みが少しは解消できるかもしれません。

その時にバレないようにしたいときがありますが、がどうすればいいのか考えてみましょう。

 

黒髪タイプなら自然に近い黒を選ぶ

髪の毛は老化であったり男性ホルモンなどの影響で抜けるときがあります。

それ以外では病気や治療などが原因で抜けるケースがあるでしょう。

病気なら病気が治れば生えてきますし、治療の影響もその治療を辞めれば生えてくる可能性があります。

ただ女性であれば髪の毛がない状態は辛く、見た目だけでも髪の毛を維持できればと考える人は結構います。

そこで利用すると良いのが医療用ウィッグになるでしょう。

安いものなら市販品もありますし、かなり高いものもあります。

気になるのは他人にバレていないかでしょう。

バレないようにするポイントとしては選び方に注意が必要です。

日本人なら黒髪の人が多く種類も多くなっています。

黒ければいいと考えがちですが、人毛の黒とウィッグの黒は結構違いがあり、見た目ですぐにバレる可能性があります。

人毛の黒は真っ黒ではなく、やや茶色がかる方が自然になるようです。

ウィッグだけを比較すると真っ黒の方がきれいに見えるので選んでしまいがちですが、バレるかどうかを気にするのであれば真っ黒すぎないものを選ぶようにすると良いかもしれません。

 

オーダーメイドでぴったりしたものを利用

医療用ウィッグを利用する上でバレないようにするポイントとしてあるのが既製品を使うかオーダーメイドを使うかでしょう。

既製品は比較的安く買えるものもあり利用しやすいです。

その代りぴったりしたものを選ぶのは難しく、少しブカブカした状態のときもあります。

アジャスターなどで調整できたりしますが、アジャスター部分が膨らんだりして違和感が出てしまうかもしれません。

オーダーメイドは頭の形に合わせて作ってもらえるので、ブカブカせずにアジャスターの調整部分もありません。

まさに自分の頭皮から髪の毛が生えているように見せることができます。

 

寿命を知って定期的に交換しながら使う

病気の治療を受けるとき、医師から髪の毛が抜けることを告げられるかもしれません。

最初は納得して治療を受けるものの、徐々に髪の毛が抜け落ち、最終的に髪の毛がなくなる状態になるとかなり辛い気持ちになります。

このときに医療用ウィッグを身につけたらどうかとアドバイスされたりします。

ただ最初はあまり気にならなかったもののバレているかどうかが気になるときがあります。

バレないようにするポイントとして正常に使える状態かどうかを確認しておきましょう。

人毛であれ人工毛であれウィッグは使っているうちに傷みが出てきます。

数日程度なら問題ありませんが、毎日装着するとなると数か月も経過すると不自然な状態になるかも知れません。

なのでメーカーなどに依頼をしてメンテナンスをしてもらったり定期的に買い替えるなどをすると良いかもしれません。

そして買い替えの時はあまりスタイルを変え過ぎないようにしましょう。

 

黒髪タイプを選ぶ時にあまり真っ黒すぎると不自然になるので注意しましょう。

既製品タイプは手ごろですがバレないようにしたいならオーダーメイドを選んだ方がよさそうです。

メンテナンスや買い替えも適度に必要になるでしょう。

 




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧