口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグの劣化パターンとは?

各社からステキな医療用ウィッグが販売されていますが、適切に取り扱わなければ劣化が進んでしまい、交換サイクルを早めてしまいます。

そこで、間違ったお手入れ方法などでウィッグを傷めないよう、劣化を引き起こすパターンを把握しておくのが大切です。

 

毛の材質に合わないお手入れと静電気は劣化の原因

まず言えるのは、医療用ウィッグには人毛や人工毛などがあり、製品によって毛の材質が違うので、それに合わせたケアをしなければ劣化が進むということです。また、製品によっては専用ブラシなども販売されているため、できれば同一メーカーの専用アイテムを揃えた方が良いでしょう。

とくにブラッシングでの静電気はウィッグを劣化させる原因になりますから、毛質に最適化された専用ブラシを使うのがおすすめです。なので普通の市販ブラシをはじめ、毛質にそぐわない物を使いますと、静電気が発生して絡みやすくなります。

毛が絡まればウィッグとはいえ毛が抜けやすくなり、ボリュームが減れば最終的に下地のネットが見えるので注意が必要です。

メーカーによっては専用スプレーなども別売りされていますから、傷みを防ぐにはそれを使うのも良いと思います。静電気を軽減する成分が入っていたり、毛質に合わせた潤い成分が配合されているなど、医療用ウィッグを長持ちさせるには欠かせないアイテムです。静電気を帯びなれば汚れやホコリが吸着するのも防げる筈なので、洗う頻度も少なくて済むのではないでしょうか。

 

シャンプーもウィッグを傷める原因となる

シャンプーも医療用ウィッグを劣化させる要因のため、毎日洗ったりすれば、それだけ傷みを加速させることになります。シャンプーするときは洗う前にブラッシングすることも大切で、この時にホコリを取り除き、逆毛などもキチンと整えるのが基本です。

ただしブラッシングは根元から行うのではなく、まずは毛の先端からソフトに行い、次に中間、そして最後に根元からとかします。洗う前にこの工程を飛ばしたり、ブラッシングの順番を逆にしますと、抜け毛によってウィッグが傷んでしまうのです。

ウィッグを洗う際も、水や一定以下のぬるま湯など、製品ごとで適温が決められているため、それを守りましょう。乾かすときも、ゴシゴシとタオルで擦れば傷めてしまうので、優しく包むように水気を吸い取るのが良いと思います。

もしも自然乾燥が推奨されている製品なら、ウィッグスタンドなどに掛けて乾かしますが、傷みの原因になるため、直射日光に晒すのは止めましょう。

 

スタイリングや保管で傷めるパターンは大半がコレ

スタイリング時も気をつけたいポイントはいくつもありますが、アイロンやコテの使用は、耐熱ウィッグでなければ確実に劣化の原因となります。ですが耐熱仕様でも、限界温度ギリギリの熱でアイロンなどを使うのは控えたいところです。

長時間熱すれば傷んでしまう可能性も大きいと言えますから、150度や180度まで耐えられるウィッグでも、設定温度は数十度下げておいた方が賢明だと思います。推奨温度が案内されている場合もあるかもしれませんので、医療用ウィッグの説明書などを確認するのも良いでしょう。

そのほか、保管するときも留意が必要であり、とくにケースに仕舞う際は、ウィッグの内部に紙などを詰め込んでおくのが重要です。毛の傷みとは直接関係ありませんが、これをしておかなければ形が崩れるなど、ウィッグとして使用不可能になるかもしれません。

さらに、保管時は直射日光が当たる場所は控え、湿気などにも気をつけてください。温度が高かったり、湿度が多い場所で保管しますと、場合によってはスタイリングが乱れたり、変なクセがついて見た目が劣化してしまいます。

 

医療用ウィッグを劣化させる原因は、概ねこのようなパターンが考えられますが、とくにブラッシングは重要なポイントだと思います。毛先での引っ掛かりなくなるまで、丁寧にとかしてから中間、そして根元にクシを入れないと、自らでウィッグの毛を引っこ抜くことになりかねません。

そしてシャンプーも連日行うと劣化が進むので、毎日洗うのは控えた方が良く、水温も各ウィッグが推奨する温度帯を守りましょう。とにかく、劣化原因を減らせば医療用ウィッグもそれだけ長く使えるようになりますから、ぜひ心得ておきたいところです。

 

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧