口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

病気ではない一般人が医療用ウィッグを購入することは可能?

抗がん剤治療や放射線治療の副作用による脱毛に悩まされている方が使用している医療用ウィッグですが、一般的にはその名の通り医療で使われます。

ですが、病気ではない一般人が医療用ウィッグを購入、使用することが出来るのでしょうか。

このサイトでは医療用ウィッグの特徴や、一般人でも購入出来るのかなどを紹介していきます。

医療用ウィッグの優れているところ

まず、ウィッグは医療用もファッション用も「自然にオシャレ」という目的で作られ、昔は明確な違いは特にありませんでした。しかし、検査などをせずに医療用ウィッグを使用してしまうと治療中の敏感な肌が傷つけられたり、アレルギー反応を起こしたりしてしまうという問題が出てきました。

そこで出来たのがJIS規格です。JIS規格とは、日本の工業製品に関する規格や測定法などが定められた日本の国家規格のことです。医療用ウィッグの場合、アレルギーのパッチテストや汗に対する強さなどの検査を行います。その検査に合格したものが医療用ウィッグとして販売されるようになります。

普通のウィッグとは異なり、長時間の着用が想定されているため「通気性」「耐久性」に優れており、カット、カラー、パーマなども楽しむことが出来ます。また、治療中は頭皮が敏感になるため肌に優しい素材で作られ、また、脱毛にも個人差があるため毛量の変化にも対応出来るようになっています。

病気ではない一般人でも購入することが出来るのか?

まず、結論から言うと病気ではない一般人でも購入することが出来ます。 医療用ウィッグは、医療機器ではないので医師の診断書などは必要ありません。また、ネットでも購入が可能です。医療用ウィッグはオシャレウィッグよりも、自然で耐久性、通気性が優れているので普段からウィッグを着用したいと考えている方には良いかもしれません。

価格は1万円を切るものから10万円相当のものまで幅広いです。既製品かオーダーか、人工毛か人毛かなどで価格が大きく左右されるようです。ですが、病気の場合、自治体によっては助成金が支給されるところもあります。 映画の撮影などで使用されることがあるほどクオリティがとても高く、最後までウィッグであることを気づかれないこともあるそうです。

円形脱毛症などに悩まされている方は部分的にウィッグを作ることも可能です。 人毛の方がより、リアルで自然なウィッグが出来上がりますが、やっぱり他人の人毛に抵抗がある人も多いでしょう。そのような方のために、自分の毛や家族の毛を使ってオーダーメイドでウィッグを作れるところもあるそうです。

とても豊富な種類の医療用ウィッグ

医療用ウィッグは自分に最適のものを選ぶことができます。 まず、毛の種類は人工毛、人毛ミックス、人毛と3種類選ぶことができます。人工毛より人毛の方が自然な髪の毛のように見えますがやはり価格は高くなります。

次に、既製品かオーダーメイドかです。オーダーメイドで作ることになると頭のフィット感やズレにくさは安心出来るでしょう。やはりこちらも価格が上がります。そしてオーダーメイドで作るとなると、手間や時間もとてもかかります。ですが、店舗によっては1年保証やアフターサービスもあるのでそこも考慮して考えるといいと思います。

なるべく安く、早く、手に入れたいという方は人工毛で既製品のものを選ぶといいでしょう。 また、医療用ウィッグは購入だけでなくレンタルすることもできます。まずは少し試してみたい、少しの期間だけ使用したい、という方はレンタルするのがおすすめです。初期費用は少しかかってしまいますが、1日数百円でレンタル出来るので試しにレンタルしてみるのもいいと思います。

 

以上のように、医療用ウィッグは病気ではない一般人でも購入、使用が可能です。また、購入だけでなく、レンタルをすることも出来るので誰でも気軽に使用することができます。オシャレウィッグよりも優れた点が多くあるのでウィッグに興味がある方は、医療用ウィッグも考えてみると良いと思います。

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧