口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

注文前に知っておきたい自然な医療用ウィッグのポイント

病気治療などにより髪の毛が薄くなってしまった場合は、医療用ウィッグを使用するケースも多くなります。

しかし、それが自然に見えなければ、ウィッグを着用していることがバレてしまう場合もあるでしょう。

今回は、注文する前にチェックしておきたい、より自然に見える医療用ウィッグを選ぶ際のポイントについて分かりやすく紹介します。

髪の毛を植える方法の違いについて

ウィッグの髪を植える方法には、主に手植えと機械植えの2種類があります。「機械植え」は、文字通り機械を使って植えたものであり、大量生産をする際に使われる方法になります。ですので、値段が安いというメリットがありますし、ファッション用ウィッグとしてよく使用されているという特徴があると言えるでしょう。ただしこの方法は、植え方が同じ方向になってしまうため、毛の流れが不自然になってしまうことがあるのです。

一方の「手植え」は、職人が手作業によって一本一本丁寧に植えていくタイプのものであり、機械植えよりも毛の流れが自然になります。しかし、この方法はより手間がかかってしまうので、値段が高額になってしまう傾向にあります。

医療用ウィッグは、手植えの方法で作られる場合が多いのですが、中には機械植えと手植えが混ざったタイプのものもあります。そのため、より自然なものを求めるのであれば、「総手植え」のものを選ぶとよいでしょう。

髪に使われている素材の違いについて

ウィッグで使われる髪の素材には、人毛と人工毛の2種類と、その2種類を混ぜたミックス毛と呼ばれるものがあります。値段は、最も高いのが人毛100%のもので、最も安いのが人工毛になり、その中間がミックス毛です。

ただし高品質なミックス毛は、人毛100%と同じぐらい値段が高くなってしまう場合があります。この3つの中で一番自然なのはも人毛100%のものですが、人毛と人工毛を混ぜたものでも、品質が高ければかなり自然に見えるものもあります。

人工毛だけのウィッグに関しては、テカテカしたような独特の光沢があり、不自然になってしまうことがあるため、より自然に見せたい場合は避けたほうがよいでしょう。また特に高品質でないミックス毛であっても、ショートヘアであればかなり自然に見えるものもあると言われています。ですので、値段を少しでも抑えたいという場合は、ショートヘアのミックス毛を選ぶのも一つの方法だと言えるでしょう。

人工肌と医療用ウィッグの値段について

ウィッグが自然に見えるかどうかの差が出やすいポイントとして、もう一つ重要なのは「つむじ」や「分け目」の部分の造りです。この部分には、本物の頭皮そっくりの「人工肌」と呼ばれるものが取り付けられているものがあり、より本物のつむじや分け目に見えるような工夫がなされています。

そのため、人工肌が使われているものであれば、上から覗かれてもバレにくいと言えるでしょう。一方で人工肌が使われていないものは、近づくとネット状のものが見えてしまい、素人でもウィッグであることが分かってしまう場合があるため、避けたほうがよいと言えます。

また、医療用ウィッグの値段については、オーダーメイドのものは30~100万円程度しますが、5~10万円程度の比較的手頃な価格帯のものもあります。もちろん値段が高いもののほうがより自然な場合が多いと言えますが、5~10万円程度の医療用ウィッグでも高品質なものが多いため、それで十分というケースもあると言えるでしょう。

 

より自然に見える医療用ウィッグを選ぶポイントとしては、総手植えかどうかや人毛100%かどうか、そして人工肌が使われているかどうかということが挙げられます。また医療用ウィッグは、値段が高いものほど自然に見えると言えますが、5~10万円程度の比較的手頃なものでも高品質なものがあります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧