口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグが医療費控除を受けられることがある?

円形脱毛症や抗がん剤の投与などに於いて毛髪が抜けていくことは、女性の方にとって精神的な苦しみを伴うものになります。

そうした苦痛を沈静化する方法として、医療用ウィッグがあります。

着用しますと脱毛部分を隠せますし、今は作りが緻密で一見したのみではウィッグとわからないものが多くなってきました。

しかし、課題は販売価格です。

安価なものであれば数千円の物もありますが、それなりに作りがきちんとしたものを求めるなら、数万円から時と場合によっては数十万円も求められるケースもあります。

そのくらい高い金額なら医療費控除が利用できるのではないかと考えるかもしれませんが、基本的に医療用ウィッグは医療費控除の対象外です。

 

医療費控除の対象として認められない理由

医療用ウィッグの最たる実例といえば、抗がん剤治療の副作用に因る脱毛があります。

抗がん剤は正常細胞にも作用することから、毛髪も次第に抜け落ちます。

しかしながら、精密な医療用ウィッグを着用すれば、外見上も治療前と比べて違和感を覚えない毛髪を再現することができます。

これに関しては、女性の方にとってはメンタル的支えになる頼もしい存在です。

医療用ウィッグは、病を患っている方が治療と向き合うときに使用する必須アイテムといえるでしょう。

しかしながら医療用ウィッグが医療費控除の対象外であるのは、がん並びに円形脱毛症の治療にダイレクトに関与していないからです。

ウィッグは別になくても治療して貰うのに支障もないので、控除対象としては認められていません。

 

医療費控除が認定される例外のケースとは

しかしながら、例外は存在します。

医者が治療に対して医療用ウィッグが必要不可欠と判断して、装着するように指示したケースが該当します。

ひとつの例として、脳の外科手術のために、頭蓋骨の一部分を切り落とし、手術した後もしばらくの間脳が出た状況をキープしなければならない場合があります。

自明のことですが、手を加えないままでは危険ですから、医者は頭を守るための鉄板付ウィッグを用立てるように指示します。

そうした際には、医療費控除が認められることになります。

しかしながら、これに関しては特殊なケースであり、医者が下準備するようにといったとしても、そのことをもって医療費控除対象という形で税務署サイドから必ず認められるとは言い切れません

原則的に医療行為のために現実的に必要とされたかどうかが主なポイントとなります。

 

医療費控除の他で必要となる費用を少なくする手段

医療用ウィッグを手に入れても、実際には医療費控除対象にはならないことが一般的です。

しかしながら、高額な販売品だけに可能であれば負担を軽減したいものです。

その為、医療費控除ではない制度の活用を推奨できます。

ひとつの例として、民間のがん保険になります。

がん保険は色々なタイプがありますが、中には医療用ウィッグに関するコスト負担をしてくれるものもあります。

保険加入を考える際には、そういう部分もチェックしておきましょう。

加えて、購入に対し補助金を出す地方自治体が増えています。

ウィッグの購入で医療費控除を受けることができませんが、地方自治体に補助金システムがないかをチェックすることが重要になります。

 

医療用ウィッグは、ファッションウィッグに比べてクオリティーが高く、ナチュラルな見た目と快適に過ごせるつけ心地が特徴になります。

それを受けて値段も高めですが、疾病の治療にはダイレクトに関与していないので、医療費控除の対象になりません。

ただし、医者が指示した場合の例外もあります。

さらに民間保険や自治体からの助成金で補うという手法もあります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧