口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグはどれくらいの頻度で洗う?


医療用ウィッグは医療などで頭髪を失った場合に使われますが、頭皮に密着した状態で使用されるものであります。
身に着けていれば自然に静電気などで埃まみれになったり、汗などで雑菌が繁殖しやすい状態になる場合も多いです。
使う回数が多ければ多いほど、定期的なメンテナンスを行う必要もあり、しっかりとメンテナンスを行うと長期にわたって使用することもできます。

 

医療用ウィッグを洗う上で必要な道具と注意点は

医療用ウィッグは水やお湯などで洗うことができる場合も多く、大抵は水に浸けた状態で行います。
ただ女性用の長い毛の場合には、毛のほつれや絡みが発生することも多いため、ブラシを必要とします。

またブラシには埃を落とす効果が存在するため、ウィッグを外した場合には手始めにブラシをかけることから始めることがポイントとなります。
そして水洗いをするための洗面器が必要となるため、ある程度の大きさの洗面器があると良いです。

他にも洗髪をするときにシャンプーやリンスを用いることが多いかもしれませんが、もちろん医療用ウィッグを洗う上でも使うことも可能です。
人毛だけでなく人工毛まで対応するシャンプーやリンスも多いのでそれを利用します。

なお洗った後に乾かす必要がありますが、乾かす上ではドライヤーを使用するべきかどうかを迷うかもしれません。
その場合は、ウィッグ自体の素材が熱に強いかどうかを把握する必要があります。
一般的にはウィッグ用のハンガーにかけて自然乾燥するパターンも多いので注意を要します。

 

医療用ウィッグを洗う方法について

まずブラシで絡みや毛に付着した表面のブラッシングして取り除くことから始めます。
ブラッシングの仕方は、根元から毛先の方向だと力が入りすぎる懸念も生じるため、毛先から上の根元の方に行います。

ブラッシングの終了後にシャワーで濡らしますが、医療用ウィッグ全体が濡れるようにかけていきます。
シャワーの場合は水圧が存在するため、それで埃や汚れもある程度、取り除くことが可能です。

そして洗面器に水を溜め、そこに頭に被せる部分を上に向けてゆっくり沈めていきます。
軽く押すのを繰り返しながら洗っていきます。
洗面器の水にシャンプーを入れて、同じように軽く押しながら洗うようにします。
毛の部分は手ぐしで梳くような感じで行います。

一回水ですすぎを行い、今度はリンスを入れた水に軽く浸け込んだ状態で洗っていきます。
最後によくすすぎを行い、ドライタオルで毛を包み込むように拭き取っていき、乾かします。
あとはハンガーにかけて自然乾燥か、ドライヤーが使えるのならドライヤーを使って乾かしていき、乾けば完了です。

 

医療用ウィッグの洗う頻度は毎日がベスト

一般的に暮らしていく中で、一日の疲れを取り除くために毎日決まった時間にお風呂に入る人が多いです。
またお風呂に入れば洗髪を必ず行うのも事実で、毎日のように頭を洗います。

医療用ウィッグについても毎日のごとくに使われることも多く、しかも頭皮に密着されながら使用する形になります。
当然、汗をかいて蒸れたり、汚れが付いたりしやすいのも事実で毎日のように洗うことが奨励されます。
もっとも医療用で使用している場合、本人も病気なのに毎日だと抵抗があるかもしれません。
またウィッグは洗う頻度が多くなると傷みやすくなり、逆に寿命を縮めてしまう可能性もあります。

そこで医療用ウィッグを洗う頻度は、まずウィッグメーカーの説明書が添付されていたりするため、それに則ると良いです。
大抵は1週間から10日ほどを見ておくと良く、多くのメーカーもそれを目安にしてほしい旨を奨励しています。

もっとも汚れがひどいケースでは毎日の方が良いケースも存在し、汚れや臭いなどの状況によるのも事実です。
個人差もありますが夏の暑い時期はよく汗をかきますし、皮脂量が豊富な人もおり、そういった方は短期間の使用で洗うことになるため頻度も高くなります。

 




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧