口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

髪の毛を医療用ウィッグに寄付する際の流れとは

公開日:2019/05/15  最終更新日:2019/05/09

自分の髪の毛をのばして、医療用ウィッグに寄付する際の流れを知っていますか。

実は、髪の毛がかなり不足していますので、興味のある人はどうすれば良いのかを知って、ぜひ参加してください。

流れを知っておけば、決して難しいとは感じないでしょうし、協力したいと考えるようになるかもしれません。

 

どこで髪の毛を切るのかを考えましょう

行きつけの美容院で髪の毛を切っても良いのですが、切った髪の毛を送付しなくてはなりません。しかも、どんな状態でも良いわけではなく、31cm以上の髪の毛をいくつかの束にまとめておかなくてはなりません。

輸送中にバラバラになってはいけないので、紐ではなくゴムでしっかりと縛っておく必要があります。この工程をおこなうために、通常の美容院では嫌がられる恐れがあるので、できれば協力している美容院でカットした方が良いです。

どうしても協力している美容院が行きやすい場所で見つからなかった場合は、自分でカットしても構いません。この時に、以上のルールを守ってください。

このルールさえ守られていれば、美容院ではなく、自分でカットしてその髪の毛を送っても問題ありません。送付する際には、しっかりと乾かしておき、ビニール袋に髪の毛を入れてから宅配便などを利用して送りましょう。

 

協力している美容院ならば楽に利用できます

医療用ウィッグを作るための髪の毛の寄付をすることをヘアドネーションと言いますが、ヘアドネーションに協力している賛同美容院は日本全国にあります。このような美容院を利用すると、とても楽に髪の毛を寄付することができますので、できれば賛同美容院を探して利用した方が良いです。

最初にどれくらいの長さまで髪の毛を切るのかを美容師と相談して決めます。31cm以上の長さの髪の毛でないと受け付けてもらえませんので、それ以上の長さで考えてみてください。長い分にはどれくらいの長さであっても構いません。

長さが決まったら、美容師が髪の毛をいくつもの束に分けてから、カットを始めていきます。最初にドライカットで髪の毛を切って、それからなりたいヘアスタイルに仕上げてもらいます。

 

ドナーシートを書いて髪の毛と一緒に送付しましょう

ヘアドネーションをおこなっている団体のサイトにありますが、ドナーシートを書きましょう。賛同美容室であれば、美容室側でドナーシートを用意しており、記入するように言われます。

必要事項を記入して、自分で髪の毛を送付する場合は髪の毛をビニール袋に入れてドナーシートも一緒に入れて送ってください。賛同美容室の場合は、必要事項を記入したら美容師に渡すだけで構いません。賛同美容室を利用した場合は、カットはもちろんですが送付もすべて美容室でおこなってくれます。送料などが一切かからなくて済みますので、賛同美容室を利用した方がずっと楽に寄付することができます。

自分で髪の毛を送る際に、複数人分をまとめて送るのならば一人ずつ髪の毛・ドナーシートをビニール袋に入れて送ります。受領証が必要な場合はそれも一人分ずつ入れておきましょう。もちろん、自分で送付する場合は送料は自分で払います。

 

以上が医療用ウィッグのために髪の毛を寄付する流れです。自分で髪の毛をカットしても構いませんが、賛同美容室を利用した方がずっと楽に髪の毛を寄付することができます。徐々に賛同美容室の数は増えていますが、まだまだ足りない状態ですので、自分でカットした方が良いかもしれません。それから行きつけの美容院でなりたいヘアスタイルにしてください。

以上の流れを知っていれば、スムーズにヘアドネーションに協力することができるので、このことを知ってぜひ協力してください。まだまだ髪の毛が足りていませんので、一人でも多くの人に知ってもらい、協力してもらうことがとても重要です。

おすすめ医療用ウィッグ一覧

12345
ルシアアデランススヴェンソンワンステップアクアドール
高品質と最安値を実現した、個人的なオススメ商品ウィッグメーカー最大手であり、信頼性バツグンこちらも大企業!35年の伝統あるブランド性品質管理に自信ありな、医療用ウィッグのプロフェッショナル新興の企業ながらも、利用のしやすさが強い存在感
もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
ルシアの画像
第2位 アデランス
アデランスの画像
スヴェンソンの画像
ワンステップの画像
アクアドールの画像
記事一覧