口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグの部分ウィッグの種類とは?どこに使用できる?

公開日:2019/05/09  

抗がん剤治療や頭部への放射線治療などでは、副作用としてどうしても頭髪の脱毛が起きてしまいます。

そして治療中や、治療後の頭髪回復時期に、主として精神的負担の軽減のために医療用ウィッグを着用する方が増えています。

このような医療用ウィッグの部分ウィッグにはどのような種類があるか、どこに使用できるかについて紹介していきます。

 

部分ウィッグにはどんなものがあるか

医療用ウィッグというと、帽子のように頭にかぶって、頭全体をカバーするものを想像される方が多いかもしれません。

これに対して部分ウィッグとは、頭全体を覆うのではなく、例えばつむじの周りの頭頂部だけなど、ボリュームをつけたいところのみに使ったり、頭髪の一部脱毛に応じて、その周辺の地毛となじませて脱毛部をカバーする目的で使ったりするものです。

また、帽子と組み合わせて、頭の主要部分は帽子で覆い、帽子の縁から出てくる頭髪だけをカバーする部分ウィッグもあります。いずれも、カバーしたいところだけ、手軽に装着することができ、自由度の高いウィッグだといえます。

 

部分ウィッグの材質はやっぱり人毛がいいのか

フルウィッグタイプの医療用ウィッグですと、地毛とのなじみかたや、スタイリング、カラーリングの観点から、ポリエステルやアクリル繊維のような合成繊維よりも、人毛のほうが良いという話がよく聞かれます。確かに、合成繊維のウィッグには独特の光沢(テカリ)があったり、パーマやカラーリングができないなど、スタイリングに制限があったりします。しかし、部分ウィッグについてはその使い方によって、人毛よりも合成繊維のものが適している場合もあります。例えば、温泉(入浴)や水泳をされる場合などは、人毛のウィッグだとどうしても水を吸って重くなりますし、また、乾かすのにも時間がかかります。特にプールで水泳を行う際にはスイミングキャップをかぶりますから、スイミングキャップの横から出るところだけの、合成繊維でできた部分ウィッグを使用することで、水泳後の乾燥等が手軽にできるという利点があります。また価格的にも、人毛は高価ですが、合成繊維のウィッグは比較的安価ということも見逃せないポイントです。

 

自毛で部分ウィッグを作る選択肢もある

抗がん剤治療や頭部への放射線治療を行うにあたって、副作用によって脱毛が生じることは治療を開始する前から予測できるため、治療開始前に専門知識のある業者に毛髪を切ってもらい、治療開始後に、必要な箇所に応じて部分ウィッグを用意しておいた自毛で作っていくということもできます。

もちろん、カットした毛髪量が多ければ、フルウィッグを作製することも可能ですが、そこまでの量はカットできなくても、部分ウィッグとすることで自毛による対応ができるのです。自毛なのでフィット感や安心感は格別ですし、人毛とはいえ他人の毛髪を使うことに抵抗があるという方には最適です。

 

部分ウィッグといっても、様々な種類や使用方法があり、材質についても、また価格面でも迷うところがたくさんあります。ただ、ウィッグは1つのものをずっと使っていくというものではなく、いくつかのウィッグを、それこそ服を着替えるように、生活の場面に応じて付け替えていくものです。

医療ウィッグの選び方や使い分けについては、病院をはじめ、経験豊富な美容師にも相談できますので、いろいろな情報を集めて、楽しいウィッグライフを送りましょう!

おすすめ医療用ウィッグ一覧

12345
ルシアアデランススヴェンソンワンステップアクアドール
高品質と最安値を実現した、個人的なオススメ商品ウィッグメーカー最大手であり、信頼性バツグンこちらも大企業!35年の伝統あるブランド性品質管理に自信ありな、医療用ウィッグのプロフェッショナル新興の企業ながらも、利用のしやすさが強い存在感
もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
ルシアの画像
第2位 アデランス
アデランスの画像
スヴェンソンの画像
ワンステップの画像
アクアドールの画像
記事一覧