口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグのドライヤー乾かし方

近年医療技術が向上してきていることで、癌などといった病気になってしまっても治る可能性が高くなってきています。
しかし治療するためには抗がん剤を用いなければならないことも多いです。
その結果副作用として髪がなくなってしまうこともあり、精神的に辛くなってしまう人もいます。
医療用ウィッグはそういった悩みを取り除いてくれます。
適切な方法で取り扱って楽しい毎日を送れるようにしましょう。

 

医療用ウィッグとは?その種類は?

医療用ウィッグは抗がん剤を用いた治療による副作用によって毛が抜けてしまった人に向けたウィッグです。
頭皮に負担がかからないように作られているのが特徴です。
JIS規格で定められた基準に合格したものを医療用ウィッグと呼びます。

医療用ウィッグは直接肌に接触する部分が多いので、安全性をよく考慮して作られています。
通気性が良くて蒸れにくかったり、ウィッグの中にあるキャップの部分がメッシュ素材でできているので柔らかくて肌に馴染みやすくなっているなどといった工夫がされているのが特徴です。

毛の種類は人毛と人工毛があります。
人毛は見た目や触り心地が自然で馴染みやすくなっています。
価格は高くなってしまいますが、周囲の人にウィッグだと気づかれる可能性が少ないです。
ウィッグを装着していることに対する羞恥心を軽減することができるので安心して着けることができます。

人工毛は比較的安く購入することができるので経済的です。
技術が進歩しているので不自然になりすぎません。
太陽光で色が褪せてしまうことも少ないという点も魅力の1つです。

 

日頃から行っておくと良いお手入れ

頭皮は日々生活している中でとても汚れやすい部分です。
汗腺が非常に多くなっているので、医療用ウィッグにも汚れや汗が付着してしまいます。
雑菌が繁殖して不衛生になってしまったり、型崩れが起きて見た目が悪くなってしまうので適切な管理が必要です。
汚れや汗、ホコリなどが付着してしまったときは放置しないでしっかりとお手入れすることが大切です。

毎日のお手入れとしてブラッシングを取り入れることで医療用ウィッグをきれいな状態に保つことができます。
医療用ウィッグは毎日洗わなければいけないわけではありません。
そのかわり適切なブラッシングを行いましょう。

基本的なブラッシングのやり方は毛の流れに沿って力まずにやさしくします。
ウィッグは傷んでしまうと元通りにはならないので慎重に行うことが重要です。
間違ったやり方をしてしまうとウィッグの寿命が短くなってしまいます。
パーマやカールがかかっている場合は注意が必要です。
頻繁にブラッシングをしてしまうとヘアスタイルが崩れてしまう恐れがあるので気をつけましょう。

 

ドライヤーを使った医療用ウィッグの乾かし方

ドライヤーを使用して医療用ウィッグを乾燥させるときは注意が必要です。
乾かしすぎは傷みにつながるので避けましょう。
また、高温のドライヤーを使ってしまうと毛に良くないので、使用する際は手短に行うことが大切です。
長時間同じ部分にあてるのではなく、ウィッグに熱がこもり過ぎないように配慮しながらやると良いです。
冷風機能がある場合は積極的に活用しましょう。
熱することで髪が傷んでしまうので、なるべく低い温度で乾かすとダメージを減らすことができるのでおすすめです。

乾かし方は、まずシャンプーした後にタオルで髪に付着している水分を取り除きます。
その後丁寧にブラッシングを行い、ドライヤーを用いて乾燥させます。
根元から毛先の方に向かって乾かすようにすると良いです。
水分が残っていると傷みや臭いにつながってしまうので気をつけます。

人工毛の場合は非常に熱に弱いので、髪を洗った後のドライヤーを用いた乾燥はしないようにしてください。
乾いたタオルでウィッグの裏側を拭いておくと容易に乾燥させることができます。
そのまま置いておくと以前のヘアスタイルになります。

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧