口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

両面テープタイプの医療用ウィッグの特徴と使い心地

円形脱毛症や抗がん治療、やけど、事故等で抜けた髪を被う目的で使う医療用ウィッグには、一般的なウィッグとは違う特徴があり使い心地なども異なります。

中には両面テープを使ってより外れにくくなっているタイプもあります。ここでは医療用ウィッグの主な特徴や使い心地などを紹介していきます。

医療用ウィッグの主な特徴について

医療用ウィッグは色々ありますが、肌への負担が少ない素材を使い、敏感な肌にも優しくフィットするものが多く、中には前頭部と後頭部には違った素材にして快適な使い心地を実現しているものもあります。頭の鉢へフィットするように、柔らかくてソフトなつけ心地の生地でも形状は崩れないベースを採用してます。

後頭部は伸縮性があって肌に優しく柔らかい素材、脱毛があった時や髪の毛が伸びたときなど自分の髪の状態が変ってもネットが柔らかく伸縮して対応し、不安があるときは両面テープが使えるようにテープ留めパッチも付いていてずれにくいです。

生地を切ってカスタマイズ調整可能な構造のものも開発されており、例えば男性用だと額やもみあげ、えりあしなどが自由にカスタマイズ調整出来て、一人一人の輪郭にフィットするようにフェイスラインにあわせて生地もカット出来ます。

自然な額の生え際やもみあげなどを再現可能で、生え際を自然に見せるナチュラルフロントや内側のベースにシリコンを採用し、これが滑り止めになって頭へぴったり合ってずれるのを防いでくれます。それでも不安なときには両面テープやシリコンストッパーも併用すればより安心です。

通気性があって自然なつむじや分け目

医療用ウィッグは、付け心地を重視しているため、装着していることを忘れるほど軽く、通気性にも優れていて自然なつむじや分け目も再現しています。内側のベースがシリコンだと滑り止めになりますし、着脱式金具採用でレントゲンやMRIでも外す必要がないのも特徴です。

CTやMRIなどの検査のときでも装着したままで受診が出来るので、外して手間や恥ずかしい思いをすることもありません。もみあげも自然さを出すために製品自体にもみあげを付けて仕上げていますが、構造上浮きやすいので金属ワイヤーを入れてフェイスラインへぴったり合うようにカーブを付けて使える構造です。

ワイヤーが金属だと自分で好きなように曲げて固定出来ます。 両面テープ以外にもスライドピンがあり、髪がある方や生えてきたときにもピンで留められます。背中にあるフックでベースを挟む特殊なスライドピンは、ワンタッチで取り外しが出来ます。なお、ピンは金属製ですが検査では簡単に外せます。

髪の毛本来の自然なツヤがある品質の高い毛を使っている

医療用ウィッグは一般的な安価なウィッグにある、いかにもかつらだと分かるような光沢はなく、品質が良い人毛と人工毛を独自の組み合わせにより、再現性に優れていて周囲が気が付かないほど自然で美しい髪の質感があります。実際に使っている人も多くがウィッグと気づかれず、自然と思っているようです。

つむじ部分は実際の頭皮のように見える人工皮膚を付けた商品も多く、自然な肌色と質感があって頭皮から直に髪が生えているような分け目です。電車やバス、職場で座っている時など上からの視線も気にしないで安心して過ごせます。

地肌が直に触れるネット部分は着け心地に影響する部分ですが、汗を吸収して素早く拡散させる特殊素材が使われていて、さらっとした快適な状態を実現しています。セミロングのウィッグでもとても軽量で風を感じる抜群の通気性なので、いつでも心地よい状態を保てます。

抗がん剤治療を受けると脱毛や発毛、地毛の回復など髪が変化しますが、それによって頭周りのサイズが変ってきて、ゆるくて脱げそうになったり締め付けられて頭が痛くなります。そのため髪の量の変化にともなって無料でサイズ調整も行ってくれます。

 

医療用ウィッグの価格は一般的な物と比べると高額ですが、その分使い心地や自然な髪型に見えるように色々な機能が備わってます。特に病気などで肌が弱くなっていると素材も良いものでないと肌が傷んでしまうので、通気性や負担がないもの、そしてずれなども起きないことが重要になります。

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧