口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグと普通のウィッグの違いとは?

病気の症状や治療薬による副作用などで、脱毛を余儀なくされる場合があります。そんな人にとって不可欠なのが医療用ウィッグです。ここでは、通常のウィッグとはどうのような違いがあるのかなどに関して詳しく紹介しています。

脱毛による苦痛をやわらげるウイッグ

抗がん剤などの副作用により、髪の毛が抜けてしまうことは特に女性にとっては辛いことです。さまざまな副作用があり、主治医からも脱毛については説明されていたとしても、やはりショックを受ける人は多いといいます。抗がん剤治療中に感じる苦痛の中でも、脱毛は上位に挙がっているくらいです。ボディイメージや社会生活への影響だけでなく、髪を失うことで自尊心を傷つけられてしまう人も少なくありません。

抗がん剤にもいろいろな種類がありますが、乳がん治療によく使われるものが脱毛しやすいとされています。残念ながら吐き気止めのように、脱毛止めというような薬はないため、気になるようならウィッグや帽子、バンダナなどで隠す方法しかないというのが現状です。中でも、ウィッグは人気があり、およそ5割以上の人が毎日使用し、脱毛から1、2年の間はウィッグを使用しています。現在、周囲にもわからないくらいの自然なウィッグがありますが、医療用と普通のものと分けて販売されています。

基準はあいまいでメーカーにより様々

医療用とおしゃれ用のウィッグの違いは、実は明確にあるわけではありません。一般的に医療用のほうが、高価です。医療用を販売しているメーカーはたくさんあり、かぶれにくい素材を使用したり、通気性をよくしたりとメーカーによってもまちまちです。そのため、品質にもばらつきはあります。

もちろん、何も明確な基準がないわけではなく、2015年度からは、医療用にはJIS規格が定められています。直接皮膚に接触するネット部や、スキンペースという分け目につける人工皮膚、ウィッグのベースとしてかぶる附属品のインナーキャップなど、各部分に対してパッチテストを行い、皮膚刺激度、洗濯や汗にどの程度耐えられるかなどに関して基準値を設けているというのが現状です。そのため、医療用として申請されたものを審査し、基準に見合ったものは、JIS規格に適合していると認定されます。ただし、申請や認定にはお金がかかるので、中小企業のウィッグメーカーでは、質の高い医療用ウィッグを作っているのにJIS申請しない場合もあります。つまり、JIS認定されていないからと言って、質が悪いわけではないということです。

工夫次第でどんどん快適なつけ心地に

明確な違いがそこまでないため、選ぶときにどうしたらいいか迷ってしまうという人も多いです。その時の役立つのが、M.wigというマークです。メーカーによっては、直接頭皮に接触するネット部分に刺激の少ない素材を使用したり、留め具、サイズを調節するアジャスターに工夫を凝らすなど改善を進めています。

また、医療用はオーダーメイドが可能なものがあるのに対し、ファッション用の普通のウィッグは既製品ということがほとんどです。まずは、お店で着用してみて、自分に似合ったものやかぶり心地の良いもの、自分の生活スタイルに合ったものを選んでいくことが大事です。

さらに、頭皮への圧迫や摩擦を軽減し、皮膚に優しいものを選ぶようにします。ウィッグで脱毛を隠すというスタンスよりも、ウィッグでおしゃれを楽しむという気持ちで脱毛期間を過ごすようにするとストレスも溜まらなくなります。自宅ではなかなかできない大胆なカラーやヘアスタイルにチャレンジするのも一つの方法です。

抗がん剤治療による脱毛で辛さを感じていても、治療が優先になるため、なかなか主治医に相談しにくい現状があります。しかし、ウィッグをつけることで、生活の質が改善されることも研究でわかってきています。自分にとって合うものを選んでいくことが大事です。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧