口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグのダメージが目立ってきた際の対処法について学ぼう!

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/03/01


病気や治療が原因で脱毛に悩む人も少なくありません。しかし、最近は医療用ウィッグの技術が発達しており、自然な髪に見えるウィッグが多くでてきました。ただ、正しい使い方をしていなければ、劣化を早めてしまい長期間使えない場合もあります。そこで、今回は医療用ウィッグのダメージが目立ってきた際の対処法について紹介します。

医療用ウィッグの寿命はどれくらい?

医療用ウィッグの寿命は半年~1年ほどといわれており、想像よりも短いと感じられた方も多いのではないでしょうか。もちろん、使用状況や環境、メンテナンスの有無によって期間が変わるでしょう。さらに、ウィッグの種類によっては2年ほど使えるものも少なくありません。

ただ、医療用ウィッグは使えば使うほど、どんどん劣化が進んでしまいます。劣化については当然なことなので、特段問題ではないでしょう。しかし、使い方や適切なメンテナンスを行っているかどうかで寿命が大きく異なるため、使い方やメンテナンスには注意が必要です。

医療用ウィッグの劣化を早めるNG行為

医療用ウィッグの劣化を早める原因として挙げられるのがシャンプーの方法です。というのも、医療用ウィッグは水に弱い性質を持っているので、長時間水につけていると劣化を早めてしまいます。そのため、シャンプーをする際は素早く行うことがポイントです。

また、洗いすぎると表面のコーティングが剥がれ落ちて、パサつきが生じてしまいます。もちろん、ウィッグに付着した汚れやホコリを洗い流すことは大切なのですが、洗い方などに注意した方がよいでしょう。そのほか、静電気にも気をつけなければなりません。医療用ウィッグは静電気に弱く、とくに冬場は劣化しやすくなります。

そのため、できるだけ静電気を溜め込まないように対策を取る必要があるのです。たとえば、静電気除去スプレーや静電気防止スプレーなどを吹きかけることで、静電気予防になるでしょう。また、紫外線対策も重要なので、保管時は日光が直接当たらない場所で保管するのがポイントです。

さらに、引き出しの中やタンスの中に保管するのではなく、専用スタンドにかけて保管することをおすすめします。引き出しの中やタンスの中に保管した場合、型崩れの原因になったり、毛が傷んだりしてしまう可能性があります。そのため、保管時は紫外線が当たらないところでスタンドを使用することがポイントです。

医療用ウィッグのダメージが目立ってきたと感じたら?

毎日ウィッグを使用していると、ダメージが気になることもあるでしょう。ダメージが気になりだしたら、ケア用品を使って丁寧にメンテナンスすることが大切です。

まずは、毛の表面に付着した汚れを洗い流します。そのあと、専用のローションやエッセンスを使用して表面をコーティングしていきます。また、毛の絡みが気になる場合は美容液をなじませるのも効果的です。

ただ、自宅でメンテナンスするのには限界があるかもしれません。とくに劣化が激しい場合は自分で対策するのが難しい場合もあります。そこで、おすすめなのが専用サロンでのメンテナンスです。専用サロンであれば、ダメージに合った方法でしっかりと対策をしてくれます。

また、シャンプーやトリートメントを行ってくれるサロンもあるため、キレイな仕上がりを期待できるでしょう。最近は全国にウィッグケアの専門サロンがあるので、気軽にメンテナンスできるのも特徴といえます。とくにダメージが激しい場合は自分で対策するよりもサロンの方が効果を期待できるでしょう。

 

医療用ウィッグのダメージが目立ってきたら、専用のケア用品を使用してメンテナンスしましょう。表面の汚れをしっかりと洗い流し、ローションやエッセンスでコーティングしていきます。ただ、あまりにもダメージが酷い場合は専用サロンでメンテナンスしてもらうことをおすすめします。専用サロンであれば、状態に合わせて適切な方法で対策してくれるので、より効果を期待できるでしょう。

おすすめ医療用ウィッグ一覧

12345
ルシアアデランススヴェンソンワンステップアクアドール
高品質と最安値を実現した、個人的なオススメ商品ウィッグメーカー最大手であり、信頼性バツグンこちらも大企業!35年の伝統あるブランド性品質管理に自信ありな、医療用ウィッグのプロフェッショナル新興の企業ながらも、利用のしやすさが強い存在感
もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位ルシア
ルシアの画像
記事一覧