口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグのカットは自分でできる?

抗がん剤治療などで一時的に髪が抜けてしまった場合は、医療用ウィッグがとても役立ってくれます。既製品やオーダーメイドなど、いくつかの種類から選ぶことができます。

そのまま使うこともできますが、ヘアカットをすればより自然な仕上がりになることが期待できます。

ウィッグならすぐに髪のボリュームを取り戻す

ウィッグは手軽に髪型を変えることができる便利なおしゃれアイテムですが、おしゃれ用だけではなく様々な種類があります。薄毛をカバーするタイプも人気ですし、抗がん剤治療などを行う場合は一時的に脱毛がありますが、そんな場合は医療用ウィッグが役立ってくれます。特に医療用は脱毛時にも快適に着用できるよう、通気性にも優れ、軽く作られています。そして頭のサイズの変化に合わせて調整もしやすくするなど、一般的なおしゃれ用ウィッグとは違う特徴を持っています。

購入は専門のお店で選ぶこともできますし、通販でも良いものを提供するお店が増えています。すぐに欲しい場合は既製品が便利ですし、よりこだわりを持って作るならオーダーメイドで作ることもおすすめです。以前は医療用は高価なものも多かったですが、最近は低価格でも良いものが登場し、より気軽に購入できるようになっています。

自分で切る場合の注意点を確認しよう

購入したウィッグは、自然になじむことが大事ですが、頭の形や顔の大きさや長さなどはそれぞれ違いがありますので、購入したものが微妙に合わない場合もあります。特に既製品を購入した場合はぴったりのものを見つけるのは難しいものもあります。前髪が長すぎる、フェイスラインに微妙に合わないなど気になる部分がある場合はヘアカットを行うことで、より自然になじむようになります。

とはいえ、ウィッグは本物の髪とは違い、一度切ってしまうと伸びることはありません。それゆえ、失敗してしまうとせっかく購入したウィッグが使えなくなる可能性もありますので、自分で切る場合は慎重に行う必要があります。本物の髪を散髪する際は、髪を湿らせてから切ることが多いですが、ウィッグを湿らせてから切ると乾いたときに予想していたより短くなってしまったり、浮いたようになる可能性もあります。それゆえ乾いた時のことも想定して切る必要があります。そして、前髪を切るときは、実際に着用した状態で行うとより調整もしやすくなります。自分で切る際は失敗を防ぐためにも少しずつ慎重に行いたいところです。

美容室や専門店に依頼することがおすすめ

ウィッグのカットは慎重に行えば自分でも行うことはできますし、余計な費用も掛かりません。そのかわり、失敗してしまった場合は元に戻すこともできませんし、修正も困難です。

大事なウィッグを最適な状態にするのであれば、やはりプロである美容師やウィッグ専門のお店に依頼することがおすすめです。ウィッグはボリュームが多めに作られているものも多いですが、プロであれば、自然な感じで梳いてくれますので、より軽さを出すことができますし、前髪も最適な長さに調整してくれます。プロに依頼する際も、個室が用意されている美容室や専門のサロンであれば、プライベートにもしっかりと配慮してくれますので、他の人の目を気にすることなくウィッグのお手入れが行えます。

既製品はもちろん、オーダーメイドで作ったものが微妙に合わない、もっと軽さを出したいという場合も相談してみることがおすすめです。

抗がん剤治療の影響などで一時的に髪が抜けてしまうこともありますが、そんな場合もウィッグがあればすぐに髪のボリュームを取り戻すことができます。購入したウィッグが微妙に合わないと感じた場合は切ったり、梳いてみることでより自然になじませることができます。慎重に行えば自分でも調整することはできますが、本物の髪とは違いますので、失敗してしまうと修正は困難です。安心して調整を行うなら、やはり美容室や専門のサロンに依頼することがおすすめです。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧