口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

子どもは無償の医療用ウィッグもある

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/02/16


医療ウィッグは、大人が使うものというイメージもありますが、子どもも円形脱毛症やケガの影響、投薬などによる脱毛で悩むことは少なくありません。子どもにとっても脱毛は心にも大きなダメージを与えることになりますが、医療用ウィッグを用意すれば髪を取り戻せるでしょう。しかし、導入には高額な費用が必要と考えている人もいるでしょう。

医療用ウィッグを利用するメリット

抗がん剤治療などの影響で髪を失う人は多く存在しますが、治療が終わればまた髪は生えてきます。そして、脱毛中も気分よく過ごすため、おしゃれを楽しむために医療用ウィッグを活用する人は多いものです。大人が主に使っているイメージもありますが、子どもも脱毛症やケガの影響、病気治療などで髪を失うことはあります。

髪がなくなると外見も変化しますので、それが心に大きな傷を与えることも少なくありません。そのような場合も医療用ウィッグがあれば、すぐに髪のボリュームを取り戻すことができます。

最近はウィッグも安価に提供されるようになりましたが、医療用ウィッグはやや高額になることも多いようです。その理由としては、見た目だけではなく、脱毛時のデリケートな地肌にも安心して使えるよう、より高品質に作られているということがあげられます。最近はより軽く、通気性がよいものも多く登場しているため、長時間でも快適な装着が実現できるようになりました。

ウィッグはどのように用意するのか

医療用ウィッグの購入方法としては、専門店で購入する方法もありますが、近年では通信販売で販売する店舗も増えてきました。子どもの場合は大人よりも頭が小さいので、それぞれの子どものサイズに合うものを選ぶことが大切です。

ウィッグは既製品を選ぶこともできますが、よりサイズがぴったりのものを選びたい、好みの髪質や髪型を選びたいという場合は、オーダーメイドで作ることもできます。オーダーメイドなら、より自然な仕上がりを得ることも期待できますが、費用が高くなりがちです。

そして毛質のよさや通気性のよさなどにもこだわると、どうしても高価なものを選ぶことになります。病気治療中は何かと出費が発生しますので、できることならウィッグは安く用意したいと考えている人もいるのではないでしょうか。しかし、子ども用の場合は無償提供や無償レンタルサービスも用意されているため、上手に活用していきましょう。

利用前には条件もよく確認しよう

子どもの医療用ウィッグを無償で提供、レンタルしている業者やNPO法人は複数存在します。まずはネットなども活用して、どのようなサービスがあるのかを確認してみましょう。無償提供しているNPO法人や協会はありますが、対象となる年齢や症状はそれぞれ違いがあります。

18歳以下が対象となっているところが多いようですが、中には13歳、15歳までなどより低い年齢が対象になっているところもあります。そのため、申し込む前にはよく確認しておきましょう。高価な医療用ウィッグは数十万円程度になることも珍しくありませんが、大事にしていても2~3年経つと使えなくなることも多いようです。

しかも、子どもの場合は成長に合わせてサイズを変える必要があるので、頻繁に交換しなくてはならない場合があります。その場合はかなりの出費になってしまいますが、無償サービスを利用することで、ウィッグにかかる費用は心配せず、治療に専念できるようになります。気になるサービスが見つかったら、まずは問い合わせて利用方法を確認してみましょう。

 

子どもも脱毛症などで医療用ウィッグを必要とすることはありますが、費用が気になるという人も少なくありません。医療用ウィッグは高価になることも珍しくありませんが、無償提供やレンタルを利用すれば、費用の負担がなく良質な医療用ウィッグを利用できます。子ども用の無償サービスはありますので、まずは問い合わせてみましょう。

おすすめ医療用ウィッグ一覧

12345
ルシアアデランススヴェンソンワンステップアクアドール
高品質と最安値を実現した、個人的なオススメ商品ウィッグメーカー最大手であり、信頼性バツグンこちらも大企業!35年の伝統あるブランド性品質管理に自信ありな、医療用ウィッグのプロフェッショナル新興の企業ながらも、利用のしやすさが強い存在感
もっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
ルシアの画像
第2位 アデランス
アデランスの画像
スヴェンソンの画像
ワンステップの画像
アクアドールの画像
記事一覧