口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグがずれてしまう原因とは?

抗がん剤治療時などの脱毛の際は医療用ウィッグが役立ちますが、せっかくウィッグを用意したもののずれてしまうと悩む人も少なくありません。自然になじませるためには、ずれずに安定して被れることも大事です。

ここからは医療用ウィッグがずれる原因と対策方法を書いていきます。ウィッグの装着でお悩みのある方はぜひ参考にしてください。

 

ウィッグのサイズが合っていない

抗がん剤治療などで髪を失ってしまうと外見は大きく変化します。特に女性は外見の変化でショックを受けることも少なくありません。とはいえ、脱毛はあくまで一時的なものなので、悲観的になることは避けたいところです。

治療中の脱毛部分をカバーするのには医療用ウィッグが役立ちます。ウィッグがあれば、すぐに理想の髪のボリュームを取り戻すことができ外出やおしゃれが楽しめるようになります。自然になじませるためには正しい装着を行うことが大事ですが、ウィッグがずれることにストレスを感じる人も少なくありません。

対策のためにはまずはその原因を知っておきたいところですが、まずサイズが大きすぎる、頭の形や大きさに合っていないということがあげられます。オーダーの場合は頭の大きさ形に合うものを作ることができますが、既製品となるとぴったりのものを見つけるのは難しいものもあります。

そして脱毛の状態によりサイズも変わってきますので、サイズ調整もこまめに行うようにしましょう。医療用ウィッグの購入の際はサイズ調整がしやすいものであるかもチェックしておきましょう。

 

インナーキャップを利用していない

医療用ウィッグがずれてしまう原因としては、インナーキャップを利用せずに直接ウィッグを装着しているということがあげられます。インナーキャップはコットン素材のものやネットタイプのものなどがありますが、これは自毛をまとめるときに役立つだけではなく、ウィッグのずれを防ぐのにも良い商品です。

そして、脱毛でデリケートになった頭皮への刺激を抑えるのにも役立ってくれます。やや面倒なイメージもありますが、ウィッグとインナーキャップの摩擦が起きることでずれにくくなります。

ウィッグがすぐにずれてしまうという人は、まずはインナーキャップを試してみてはいかがでしょうか。シリコンを使ったインナーキャップもずれを防ぐのに向いています。

 

髪をすべて失った場合の対策を知る

医療用ウィッグがずれてしまう原因としては、髪がすべて抜けた状態であることがあげられます。この場合は自毛にピンを使って固定させるなどの方法も利用できませんので、ウィッグの着用は特に難しくなってしまいます。

そんな場合はウィッグ用の両面テープを利用すればウィッグがずれずに固定しやすくなります。あまりに多用すると頭皮が荒れてしまう可能性もありますが、しっかり固定できるので外出の際も安心です。

最近は帽子にウィッグがついた商品も用意されており、こちらは装着も簡単でずれにくい傾向にあります。両面テープによる頭皮への刺激が気になる人はこうした商品も試してみてはいかがでしょうか。ニットキャップタイプやキャスケットタイプなど様々なデザインがあり、ファッションに合わせる楽しみもあります。

 

医療用ウィッグは闘病中の脱毛をカバーするのに便利ですが、せっかく装着してもすぐにずれるという悩みを持つ人も多いものです。ウィッグがずれる原因はまずはサイズが合っていないことがあげられます。脱毛の状態によってもサイズは変わってきますので、アジャスターなどでこまめに調整しましょう。

この他では、インナーキャップを使用していないことや、髪がすべて抜けてしまった際もずれやすい傾向にあります。インナーキャップはウィッグとの間に摩擦を発生させずれにくくしてくれます。髪を失った場合も両面テープを使うなどで上手に対策をしていきましょう。

 

 

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧