口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグのインナーキャップの着け方とは

抗がん剤治療などにより、大切な髪の毛がなくなる悲しさに対して、今は医療用ウィッグが購入でき、誰もが自分の髪の毛のようにオシャレさえ楽しめるようです。

ただ購入するにしてもインナーキャップがあれば、なおさらバレにくい仕上がりが手にできるようで、その着け方をマスターすることも大切になります。

 

コットンとネットタイプの2種類がある

医療用ウィッグを利用するときには別アイテムも必要になるのですが、蒸れやズレを防止するのが目的になるので、それらもうまく選んでみれば、周りに被っていることさえバレにくくなります。

手に入れたいのはインナーキャップで、ネットとコットンタイプが医療用では定番素材です。

どちらの方が良いのか、一概には言えないものの、毛量によって選ぶのが無難なようです。

抗がん剤治療や脱毛症であるなど、頭髪がない状態ならば、皮膚刺激に抵抗の少ないコットンタイプが最適です。

ネットは髪の毛をひとまとめにする、収まりを良くするために使うので、使いにくくなりますから気をつけましょう。

周りにバレないかどうか、地肌にインナーキャップを被って着けるのですが、その着け方が雑であれば、浮いたりするため、そうなれば周りの視線も集中してしまいバレてしまうようです。

シリコンなどで滑り止め付きの医療用もありますし、インナーキャップの一体型もありますから、時と場合で選んでみても良さそうです。

 

髪の毛をまとめてから被るのがコツ

ネットタイプは先に述べたように髪の毛が多い方向けで、その着け方は髪の毛が長ければ、ゴムで髪の毛をひとまとめにしてネットの中に入れます。

ストッキングのように伸縮性があるのでそのままネットを広げて頭に装着、この時にまとめた部分が平らになるのがベストですから、しっかり平らに収まる伸縮性でも選びましょう。

短髪の方の場合には、寝癖直しなどのヘアスプレーなどで髪の毛を寝かせておくことがベスト、後はそのまま両手の甲で広げてから被ります。

医療用ウィッグをその上から被りますが、イメージはスイミングキャップを被る手順や着け方と似ていますので、初めてでも着け方に戸惑いはないようです。

インナーキャップというのは、デリケートな肌に負担がかからないよう縫い目は表側に縫製されているのも特徴のようです。

最後は自然な位置へと微調整、左右バランスが均等になっているか、ブラシを使用して髪型を整えることで違和感もありません。

 

種類によって被り方も違っている

髪の毛の量によって違和感を覚えるようで、髪の毛の抜け始めは小さいサイズのインナーキャップを選びましょう。

医療用ウィッグがズレないように、髪の毛の量に合わせてインナーキャップのサイズ調整を行う必要もあります。

中には、医療用ウィッグと一体にしてから被るクリップタイプもあり、これの着け方はまた異なります。

裏側にはポケットがありクリップを差し込んでいく手順です。

ポケットに取付金具のピンを差し込みながら合わせていき、全体が弛みなく丸く添うように取り着けられたら完成で、そのまま頭に添わせるように被ります。

前後左右の位置を間違えないように気をつけましょう。

他にも、医療用ウィッグにセットされているインナーキャップを外して頭に被り、サイズ調節をします。

商品によっては、後ろ左右の調整ゴムをひっぱって調整できるものもあります。

後はその状態でウィッグと合体させて、帽子のように被るだけです。

気になる場合には、購入する各メーカーなどに問い合わせれば、丁寧に着け方を教えてくれます。

 

医療用であれば、皮膚に刺激とならない素材でまずは選びましょう。

医療用ウィッグをそのまま被ることで、スルッとズレが起きてしまうので、必要なアイテムを一緒に選んでおきましょう。

特に、髪の毛をまとめて収める役割のあるインナーキャップは、着け方にもポイントがありバレないように着けることが大事になります。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧