口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグを自分で作る方法はある?

病気や治療のために髪の毛がない状態になると、少し寂しい気分になるかもしれません。その時に少しでも気分を変えられるアイテムがあると、治療をしていこうという気分も高まります。ここでは医療用ウィッグは自作できるのかどうかということについてお話します。

帽子のようなタイプは簡単にできる

生まれながらにして髪の毛が生えない病気にかかっていたり、後天的な病気で生えないとき、さらに病気の治療で髪の毛が抜け落ちてしまうときがあります。治療で抜け落ちた時は、元々髪の毛がある状態を知っているだけにショックを受ける人も多いようです。治療をしていくときには少しでも前向きな気持ちを持つことが大事なので、何とかいい気分で治療をさせたいと家族は考えるかもしれません。

一応医療用ウィッグと呼ばれるものがありますが、作ろうとすると高額なものもあり、なかなか買えない時もあるでしょう。自作することができないかどうかですが、さすがに本当の髪の毛のようなものはかなり難しそうです。手軽なものとしては帽子のようなものがあります。普通の帽子でも構いませんが、それだと本来髪の毛のある部分が見えてしまいます。その部分もすべて覆えるように、通気性のいいタオル地の布などを使って、頭の大きさに合わせて縫い合わせていきましょう。髪の毛がない状態を無くせるので、気分は良くなるでしょう。

本物に似せたものはかなり大変だが可能

手芸が得意な人は、針仕事も苦にならないでしょう。いろいろな手芸作品であったり、洋服なども自分で作る人がいます。もし手芸や針仕事が苦にならないのであれば、医療用ウィッグを自分で作るのに挑戦してみても良いかもしれません。

通常は専門の業者にオーダーメイドで作ってもらいます。依頼をすると頭のサイズを測ってもらい、好みの形にしてもらいます。それだと少し値段が高くなります。業者に作ってもらうものに比べるとそれなりに見劣りはするでしょうが、一応は自作は可能です。まず用意するのがインナーと呼ばれるキャップです。布タイプの水泳用のキャップでも良いでしょうが、できれば専用のものを使うと良いでしょう。後は髪の毛をそれに縫い付けていきます。一本一本丁寧に縫い付けて行かないときれいにならないので、形を確認しながらとりつけるようにしましょう。この時に頭の形をした小さなボウルのようなものにかぶせて行うとつけやすくなるかもしれません。試行錯誤しながら好みの形になるように作っていきましょう。

自分の髪の毛で作るか人工毛などを使うか

一般的なウィッグは人工毛を使っています。安いものほど見た目で人工毛であることがわかります。少し光沢のある手芸用の糸のように見えます。一方高級なウィッグとなると人毛とほとんど変わらない品質になっていて、アレンジなども人毛と同じようにできるものがあるようです。

また、本物の人毛を使って作ってもらえるものもあります。自分の毛だけでなく、他人のきれいな毛を使う方法が知られています。人工毛に比べると値段は高くなりますが、より自然な仕上がりになります。医療用ウィッグを自分で作ると考えた時、まだ髪の毛があるうちから準備をしようとする人がいます。長い髪の毛を持っているのであれば、事前に切っておけばそれを使えるかもしれません。

人毛は手入れなどが少し大変になるので、使うときには下処理などをきちんとしておきましょう。一方人工毛は人毛に比べると扱いやすくなります。特に下処理なども必要ありません。人毛に比べると丈夫なので、自分で結び付けて作ろうとするときも作業しやすいかもしれません。

一応インナーキャップに毛をつけていけば自分でも作れそうです。簡単ではありませんが挑戦してみても良いでしょう。一般的に自作するといえば帽子のようなアイテムになるでしょう。通常の帽子よりも深めに作りましょう。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧