口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

自然な仕上がりに!医療用ウィッグは前髪が大事

病気で髪の毛が薄くなってしまったときに使えるのが医療用ウィッグです。

これは日本国内で使われているもので女性にとっては嬉しい商品といえるでしょう。

医療用と書かれていますが、健康な方もファッションとして利用できるのがメリットです。

ここでは医療用のウィッグを購入するときのポイントを紹介するので理解しておくと便利といえます。

既製品の特徴を把握しておくといい

商品を購入するときには既成品とオーダーメイドが選択可能となっています。

既成品は大量生産されている商品で一個あたりの金額はかなり安いのがメリットです。

医療用ウィッグでも重要になるのが前髪の違和感ですが、これはちゃんと制作しているものもあるのでコスト削減をしたいときに使えるでしょう。

販売価格ですが1万円以下で購入できるものもありますが、高いものは数万円となっています。

購入時の注意点として既成品はサイズが決まっているのが特徴です。

利用者によって合う合わないがあるため実際に被ってみて調整をするのがいいです。

また商品によって毛量が決まっているので自分の毛量とぴったり合うものを購入するのがおすすめです。

髪の毛の色も大事で、自分の髪の色と合わないと違和感が出てしまうので複数かぶって色を調整するのが基本となっています。

フィットする医療用ウィッグを購入するときには自然なフィット感を意識するのが基本です。

伸縮性のあるサイドがフリーサイズになっているものは高級仕様、通気性もあるので安心して使えます。

セミオーダーは理想的な商品となっています

自分にピッタリ合う商品を探しているのならセミオーダーの医療用ウィッグがおすすめです。

これは既成品と違い細かい指示をすることができるので、自分の頭にフィットするものを簡単に制作することができます。

ただし値段は既成品よりも高く安価でも3万円以上、高いものなら10万円以上するのでお金が自由に使えるのなら購入してみるといいでしょう。

メリットはかなり多く分け目や長さを自由に調整する事ができるため前髪も違和感のない仕上がりにすることができます。

既成品を探す場合はかなりの時間と労力がかかってしまうのがネックです。

素早く好みのものがほしいときには理想的な商品なのでおすすめといえます。

最初に理想としているヘアスタイルをスタッフが聞き、ピッタリのウィッグを探してくれるのがメリットです。

豊富な種類から選択することができるので使いやすいといえるでしょう。

カラー選択も自由で、好みに合わせて利用できます。

仕上げは医療用ウィッグを取り付けてからスタイリングを行うので、自分らしいスタイルに仕上げてくれるのが特徴です。

おでこで雰囲気が変わるので知っておこう

医療用ウィッグを被るときには前のおでこの部分にも注目をします。

前髪の長さや毛量に気をつけて選択をすると違和感のない仕上がりにする事が可能です。

おでこは狭い方なら50mm前後に設定、広い方でも70mmくらいが理想的となっています。

このおでこの位置が少し変わるだけでだいぶ見た目が違うので確認しておきましょう。

例えば眉上のヘアスタイルだと思って購入してもおでこの長さが合わないと眉下になってしまうので印象が大きく代わります。

こればかりは実際に被って確かめないと難しい部分です。

通販で購入できる場所もありますが、まずは自分で店頭に行き購入するのが理想的といえます。

慣れてきたら通販を使用して理想的なウィッグを探すのもいいです。

店頭にはスタッフが在籍しているのでかぶった姿に違和感がないのかチェックしてもらえるのも店頭購入のメリットとなっています。

美容室のようなカットスタイルのサービスもあるので、こういうお店だと自然な見た目にしてくれるため安心です。

初心者なら検討してみましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧