口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

医療用ウィッグを自分好みにアレンジしよう

抗がん剤治療や放射線治療により、毛髪が抜け落ちてしまうことがあります。生きるための治療とはいえ、髪が薄くなった自分を見るのは耐えがたいものがあります。そんな人々のため、医療用のウィッグを開発している会社があります。一般的なおしゃれ用のウィッグやカツラ等と異なり、頭皮へのダメージや着け心地を、医療面で配慮した造りとなっています。また、ニーズによって商品にも種類があります。種類の選択次第では、自分好みにアレンジすることも可能です。

医療用とおしゃれ用の何が違うのか

医療用ウィッグとおしゃれ用ウィッグの違いは、その性能です。おしゃれ用ウィッグと異なり、医療用のウィッグは長時間着ける必要があります。脱毛して頭皮がむき出しになっている状態だと、長時間ウィッグを着け続けることは肌にとって大きな負担となります。そのため、軽量化にこだわられていたり、チクチクとした不快感がないよう配慮されています。その上でヘアカットやヘアスタイル変更などが行なえるよう、材質にこだわられています。

また、治療中から着用していく場合は、脱毛量に合わせてサイズ変更ができるのも医療用のウィッグの特徴です。サイズが変わらないウィッグだと、次第に違和感が生まれ、ウィッグを着用しているとすぐにわかってしまいます。治療の進行状況に合わせて、サイズや形を変えられるよう、工夫されているのです。

毛髪部分は3種類の材質から選べる

医療用のウィッグは、3種類の材質があります。人毛、人工毛、ミックス毛です。人毛は文字通り、人の毛髪でできています。自分の毛と変わらない感触で、ヘアアレンジも可能なのが特徴です。素材の入手が難しいため作成には高価になりますが、自然な見た目を求めるならば人毛が適しています。自分の髪と同じようにパーマを当てたり、ヘアカットも可能でドライヤーも当てられます。ニオイケアなどは必要ですが、一番使い勝手がいいと言えるでしょう。

人工毛も質のいいものならば人の毛髪と遜色ない仕上がりとなります。ある程度アレンジも可能で、スタイルも保持しやすいため、人毛よりも安価なので人気は高いです。ただし熱に弱い面もあるため、ドライヤーなどケアの仕方には注意しなければなりません。ミックス毛は人毛と人工毛を混合して作られています。価格も2つの間ほどの値段で入手可能です。

注文の仕方によってアレンジの幅が広がる

医療用のウィッグは既製品・セミオーダー・オーダーメイドの3種類あります。既製品が一番費用を抑えられますが、人の頭の形は唯一無二でうまく合致するものが見つけられないこともあります。長時間着け続けても辛くないように、合ったものを選ぶ必要があります。一度試着をしてみてぴったりのものが見つからなければ、調整してもらえるところで頼むのが無難です。

セミオーダーは、あらかじめあるレパートリーの中からサイズ調整やヘアスタイルをカット調整するものです。既製品よりは自分の理想に近づけることが可能です。決められたものの中から自分に合うものへ寄せて作っていく形です。

オーダーメイドは自分だけのウィッグを作ることが可能です。費用はかかりますが、長期間使えるため買い替えの必要がないのがメリットです。治療が長期化することがわかっている場合は、多少値が張ってもオーダーメイドで作成するほうがコスパがいいと考えることもできます。

次第に毛量が減っていく自分を見ていくのは心的ショックが大きいものです。健康な体を取り戻す治療を行なっているとわかってはいても、心の健康を損なってしまっては本末転倒です。好奇の目に晒されるリスクを減らし、変わりゆく自分の容姿を気にせず治療に専念できるよう、医療用のウィッグはよきアイテムとなってくれるでしょう。治療が終わって髪が元通りになるまでの間、うまく活用してみてはいかがでしょうか。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧