口コミで人気と評判の医療用ウィッグを比較ランキングでご紹介!抗がん剤副作用・薄毛にお悩みの女性におすすめの医療用かつらを厳選!

保険で医療用ウィッグを購入できる?

 

病気の治療の時には健保を使うと負担額を減らせます。

しかし治療の全てに健保が使えるわけではなく、どのあたりまでが適用になるかを知っておく必要があるでしょう。

民間の商品の対応などもチェックしておくと良いでしょう。

公的な制度では適用を受けられない

日本には健康保険と呼ばれる制度があります。病院などで治療を受けた時、一般の人なら3割の負担で治療が受けられます。高齢者などは1割で受けられるときもあります。さらに高額療養費制度などがあるので、1か月の治療費が高額になるときでも一定額以上の負担がなくなります。十分資産がある人はあまりお金のことを気にしなくていいかもしれませんが、所得が少ない人はできるだけ支払いを少なくしたいと考えるでしょう。

では病気の治療で髪の毛が抜けてしまったとき、保険適用で医療用ウィッグを購入することはできるのでしょうか。一般的な治療の範囲であれば通常は適用されるため3割負担になります。いろいろな団体が適用に向けての申請をしているものの、今のところは適用されていません。治療に直接かかわるものとの認識が強くなれば適用されるのでしょうが、今は治療時の見た目を変化させるぐらいの役割とされています。今後、つけることで気持ちが明るくなるなどの治療効果が認められれば適用されるかもしれません。将来に期待したいところです。

民間の制度なら特に利用の制限はない

将来病気やケガで入院、手術などをするとき、かなりの出費の負担をしなければならないかもしれません。病気やケガのリスクは誰でもそれなりにあります。重篤な病気となると特に治療費も高くなるので、その治療費を工面できる仕組みを利用することがあるでしょう。民間が用意する医療保険であれば、所定の病気と認定されればいろいろな時に給付がされます。病気と診断されたときに一時金として給付されるときもありますし、入院や手術の状況に応じて支払われるものになります。

この時の給付額を用いて医療用ウィッグを購入することができるかですが、それは可能です。こちらの商品に関しては、特に何を使わないといけないなどの決まりはありません。実費を給付してくれるわけではなく、事前に決めていた内容のお金の給付になります。もちろん病院に支払う治療費として使うこともできますし、入院中の家族の生活費として使うこともできます。同様に身だしなみを整える費用としても使えます。商品の中には外見をケアできる特約が付けられ、別途受けられるものもあります。

公的機関の補助制度などをうまく活用

日本で生活する時には、ある都道府県のある市区町村に住所を申請して住みます。働いて得た収入から国に税金を支払いますが、それ以外に市区町村や都道府県にも税金を支払います。税金の額は各都道府県や市区町村で大きく異なるわけではないですが、多少の違いはあります。各地方自治体においては、住民に対するいろいろなサービスを行っており、医療関係のサービスもあるのでうまく利用すると良いかもしれません。病気の治療において髪の毛が抜けた場合、医療用ウィッグを購入する人がいるでしょう。

公的な健康保険等では給付はされないものの、地方自治体によっては補助金が出るところがあります。上限金額が設定されていますが、それでも給付がもらえるのは助かります。いくらもらえるかは自治体によって異なりますが、1万円ぐらいから3万円くらいになるようです。まずは自分の住んでいる自治体にそういったサービスがないか聞いてみましょう。ホームページに掲載されていなくても、似ているサービスがあるかもしれません。それを教えてもらえます。

公的な健保では、ウィッグの購入費用としての補填してくれる給付はありません。民間の商品の中には、外見をケアするための特約が付けられるものがあります。地方自治体によっては補助金が出るところがあり、活用すると良いでしょう。




サイト内検索
医療用ウィッグランキング!
第1位 ルシア
第2位 アデランス
記事一覧